夢を目指し、幕末を駆け回った坂本龍馬の名言集

  • 投稿:2012年11月16日

  • カテゴリ:名言

  • タグ:


激動の幕末をこれでもかと言うほど駆け回った坂本竜馬の名言集をご紹介。。

▼坂本龍馬

坂本竜馬は現在の高知県に位置する土佐藩の郷士として生まれます。子供の頃はいじめられていたとされ、通っていた塾で抜刀騒ぎを起こして退塾させられている。その後竜馬は江戸へ剣術修行で訪れ、北辰一刀流を学ぶ。修行を終えた竜馬は一時土佐藩へ帰るが脱藩。一時は斬ろうとしていた勝海舟に感服させられ、以後行動を供にする。後のストーリーは漫画やドラマで見た事がない方はほぼいないと思われる。それほどまでに現代でも愛されている幕末の志士と言えます。

▼坂本龍馬の名言

世に生を得るは事を成すにあり
人間というものはいかなる場合でも、好きな道、得手の道を捨ててはならんものじゃ
いったん志を抱けば、この志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、いやしくも弱気を発してはいけない。たとえその目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ
おれは落胆するよりも次の策を考えるほうの人間だ
世の中の人は何ともいえばいへ。 わがなすことはわれのみぞ知る
人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある
日本を今一度せんたくいたし申候
丸くとも一かどあれや人心あまりまろきはころびやすきぞ
私ももしも死ななんだりや、四五年のうちにハかへるかも、梅雨の命ハはかられず
とんとんと登る梯子(はしご)の真中程で 国を去って薩摩同志 楼に上がる貧乏の春 辛抱しゃんせと目に涙
世の中と云ものハかきがら計である。人間と云ものハ世の中のかきがらの中ニすんでおるものであるわい、おかしおかし。
われ、はじめて西郷を見る。その人物、茫漠としてとらえどころなし。ちょうど大鐘のごとし。小さく叩けば小さく鳴り。大きく叩けば大きく鳴る。
殺し殺サレニはるばる大阪二くだりてをる
天かに事をなすものハ ねぶともよくよくはれ(腫れ)ず てハ、はり(針)へハうみをつけてもふさず候。
何の志ざしもなき所ニ ぐずぐずして日を送ハ、実ニ大馬鹿ものなり
こころから のどけくもあるか 野辺ハ猶 雪げながらの 春風ぞ吹
人心 けふやきのふと変わる世に 独(ひとり)なげきのます鏡哉
土佐の芋ほりともいわれぬ居候に生まれて、一人の力で天下動かすべきは、これまた天よりすることなり
船を沈めたその償いは金を取らずに国を取る
恥といふことを打ち捨てて、
世のことは成るべし
感涙とどめず、遥か江戸の地より拝し、龍馬かならずこの恩に報うべし、と天地神明に誓ふ。
地球を動かしているのは、思想ではなく経済だ。
おのおの、その志のままに生きよ。

▼坂本龍馬名言関連動画


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧