教育の礎を築いた福澤諭吉の名言

  • 投稿:2012年11月13日

  • カテゴリ:名言

  • タグ:


教育の礎を築いた福沢諭吉の名言をご紹介。

▼福澤諭吉

江戸幕府から明治へと変わる激動の時代に生まれた福澤諭吉は現在の大阪市にで生を授かる。父は儒教に通じる学者でもあり、諭吉という名前も上諭条例という書から来ている。父の死後、減大分県中津市である中津藩で過ごし5歳から一刀流を学び、14歳頃から勉学にも励むようになる。19歳の頃には長崎へ遊学しオランダ語のみならず数々の知識を得る。この頃から勉強に熱心になり、兄が亡くなり家督を継いだ後は、家財道具や著書も売り払い大阪の敵塾で学び、22歳で塾頭になる。その後幕府の命を受け勝海舟らと共に渡米、さらには渡欧を行い勉学に励み、時代が明治に変わると慶応義塾の設立や広く教育支援を行った。

▼福澤諭吉の名言

自分の考えだけで、他人を評価してはならない。
自分の力を発揮できるところに、運命は開ける。
やってもみないで、「事の成否」を疑うな。
努力は、「天命」さえも変える。
人に貴賎はないが、勉強したかしないかの差は大きい。
世の中で一番美しいことは、すべての物に愛情をもつことです。
世の中で一番悲しいことは、うそをつくことです。
世の中で一番尊いことは、人のために奉仕し、決して恩にきせないことです。
世の中で一番楽しく立派なことは、一生涯を貫く仕事をもつことである。
世の中で一番みにくいことは、他人の生活をうらやむことです。
行為する者にとって、行為せざる者は最も過酷な批判者である。
人間は、負けるとわかっていても、戦わねばならない時がある。だから、たとえ負けても勝っても、男子は男子なり。勝負をもって人物を評することなかれ。
一身独立して一国独立す。
私は軽蔑されて侮辱されても、その立腹を他に移して他人を辱めることはどうしてもできない。
知己の多きは人間の一大快楽
結婚は人生の重大事なれば、配偶の選択は最も慎重ならざるべからず。
進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。
学問は米をつきながらも出来るものなり。
ペンは剣よりも強し。
行為する者にとって、行為せざる者は最も過酷な批判者である。
あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし。
自由とわがままとのさかいは、他人の妨げをなすとなさざるとの間にあり。
一家は習慣の学校なり。父母は習慣の教師なり。
猿が読むのだと思って書け。
空想はすなわち実行の原案。
みだりに人を軽蔑する者は、必ずまた人の軽蔑を免るべからず。
人望はもとより力量によりて得べきものにあらず
一度、学問に入らば、大いに学問すべし。農たらば大農となれ、商たらば大商となれ。
人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり。
心事高大にして働きに乏しき者は、常に不平をいだかざるを得ず。
人生活発の気力は物に接せざれば生じ難し。
天寿を全うする者は、人の本分を尽くすものなり。
読書は学問の術であり、学問は事業の術である。
実なき学問はまず次にし、もっぱら学ぶべきは人間普通日用に近い学問なり。
家の美風その箇条は様々なる中にも、最も大切なるは家族団欒、相互にかくすことなき一事なり。
自由を得た結果、不自由を感じている。
天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず。



▼福澤諭吉名言関連動画


コメントする

2件のコメント


  • 名無しさん

    >天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず。

    これはこれだけ抜き出すのは良くない

  • 匿名

    この言葉で自分が一番上(一万円)になっている福沢さんって
    矛盾してない?



コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧