ヨーロッパを掌握したナポレオン・ボナパルトの名言集

  • 投稿:2012年11月13日

  • カテゴリ:名言

  • タグ:


フランス革命後ヨーロッパの大半を掌握したナポレオン・ボナパルトの名言をご紹介。

▼ナポレオン・ボナパルト

ナポレオンはフランスのコスリカ島で生まれ、ブリエンヌ陸軍幼年学校に入学。通常4年かけて卒業するのだが、ナポレオンは11ヶ月という短い期間で卒業する優秀ぶりを見せた。その後砲兵仕官おとして任官んされフランス革命が勃発。その後数々の暴動や戦に勝利し大尉、少佐、准将、将軍に昇進。イタリア、オーストリアで多大な領地や戦利品を得る事になります。その後ナポレオンはフランスの皇帝となりイギリスとスウェーデン以外のヨーロッパは一時ナポレオンに全て制圧されてしまいます。しかし、その後スペイン独立蜂起を皮切りに各地で反発が起こり失脚。失脚後はセントヘレナ島に幽閉され心労と病にてこの世を去りました。

▼ナポレオン・ボナパルトの名言

生きている兵士のほうが、死んだ皇帝よりずっと価値がある。
醜い女は我慢できるが、高慢な女は辛抱できない。
生きたいと思わねばならない。 そして死ぬことを知らねばならない。
状況?何が状況だ。俺が状況をつくるのだ。
戦いは最後の五分間にある
勝利は最も根気のある者にもたらされる。
私は百万の銃剣よりも、三枚の新聞紙をもっと恐れる。
私のような人間は、百万人の生命を犠牲にするくらい屁にも思っていない。
この膝は神以上に屈せず。
すべて自然でないものは不完全である。
キリストは愛によってひとりで天国を建設したが、今日までキリストのために何万人という人々が死んだことか
歴史とは、合意の上に成り立つ作り話以外の何ものでもあろうか。
最も大きな危険は勝利の瞬間にある。
一頭の羊に率いられた百頭の狼の群れは、一頭の狼に率いられた羊の群れに敗れる。
愚人は過去を、賢人は現在を、狂人は未来を語る。
指揮官たる一人の愚将は、二人の良将に匹敵する。
苦しみに耐えることは、死ぬよりも勇気がいる。
深く考えるときは時間をかけろ。しかし、戦いが始まったら考えることをやめ、戦え。
欲しいものは私に何でも言うが良い。ただし、時間以外だ。
人はその制服どおりの人間になる。
3つのキスを贈る。君の心と唇、そして瞳に。
女とパリは留守にしてはだめだ。
チャンスをもたらしてくれるのは、冒険である。
優れた人間になるには、誠実な友か、徹底した敵を持たねばならない。
敵が間違いを犯している時は、邪魔するな。
負けると思ったらあなたは負ける、最終的に勝利を収めるのは「私はできる」と思っている人なのだ。
会議を重ねすぎると、いつの時代にも起こったことが起こる。すなわち、ついには最悪の策が採られるということである。
時代とは人間の偉大な芸術である。
私はつねに、ニ年先のことを考えて生きている。
美人は目を楽しませ、良妻は心を楽しませる。
不可能という文字は愚か者の辞書にのみ存在する
社会には剣と精神という二つの力しかない。結局のところ、つねに剣は精神によって打ち負かされる
想像力が世界を支配する。
リーダーとは「希望を配る人」のことだ。
約束を守る最上の方法は、決して約束しないことだ。
見よ。4000年の歴史が諸君を見下ろしている。
我が辞書に不可能の文字は無い。
頼るべきものは人望ではなく、ただ己の力あるのみ。



▼ナポレオン・ボナパルト名言関連動画


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧