喜劇王チャールズ・チャップリンの素敵な名言

  • 投稿:2012年11月13日

  • カテゴリ:名言

  • タグ:


世界の喜劇王として世の人々を笑わせてたチャールズ・チャップリンの名言をご紹介。

▼チャールズ・チャップリン

チャールズ・チャップリンは、イギリスのロンドンで生まれます。歌手だった母親がチャップリンが5歳の頃、声が出なくなりチャップリンはこの頃から母親の代わりにステージに立っていました。その後父が死去。母は精神異常で施設に収容。チャーリーは兄と供に孤児院などを転々とする生活になってしまいます。お金を稼ぐためチャップリンは俳優斡旋所に通う傍ら様々な職業でもお金を稼いでいました。そんな努力がみのり徐々に劇団で活躍。更にアメリカに渡りハリウッドで数々の映画に出演。トップスターの仲間入りを果たすが、第二次世界大戦前に発表された「モダン・タイムス」や「独裁者」を公開すると批判されはじめ、アメリカから国外追放となってしまう。その20年後アカデミー賞受賞式に出席する為、アメリカに地を再び踏んだチャップリンは拍手喝采によって迎え入れられた。その後88歳の時自宅でこの世を去りました。

▼チャールズ・チャップリンの名言

失敗は重要ではない。
自分自身を馬鹿にするのはなかなか勇気がいる。
生はすばらしい。大切なのは勇気だ、想像力だ。
私は支配したくない。私は人の幸福を願いながら生きたい。
人間には憎悪や不快を忘れさせてしまう性質がある。
人生はクローズアップで見れば悲劇。ロングショットで見れば喜劇。
長い間の経験から、アイデアというものは、それを一心に求めてさえいれば必ずくるということを発見した。
必要なのは知識でなく思いやりである。思いやりがなければ残るのは暴力だけである。心に愛を知らぬものだけが憎しみ合うのだ。人生はもっと美しく、もっと素晴らしいはずだ。
個人としての人間は天才である。しかし、集団としての人間は刺激されるがままに進む、巨大で、野蛮な首の無い怪物となる。
人生は願望だ、意味じゃない。
一人を殺せば殺人者だが、百万人を殺せば英雄だ。殺人は数によって神聖化させられる。
希望と勇気と少しのお金
意味を求めたってはじまらないよ。人生は欲望だ。意味などどうでもいい。
最初から多くのことを成し遂げようとして極端な努力をすると、たちまちのうちに全てを放棄することになる。
死と同じように避けられないものがある。それは生だ。
私の最高傑作は次回作だ。
もし下を向いたままならば、虹を決して見つけることはできないだろう。
笑いの無い日は、無駄にされた日である。
私は祖国を愛しています。でも、祖国に愛せと言われたら、私は遠慮なく、祖国から出ていきます。
偉大な俳優になるために必要なのは、演技をする自分を愛すること。
私は雨の中を歩くのが好きなんだ。そうすれば、誰にも泣いているところを見られなくて済む
本当の性格は、酔っ払っているときに現れる
私の苦痛が、誰かが笑うきっかけになるかもしれない。しかし、私の笑いが、誰かの苦痛のきっかけになることだけは絶対にあってはならない。
浮浪者、紳士、詩人、夢想家、孤独な人、皆いつでも恋と冒険にあこがれてるんだ。
女性は好きだが、理解しようとすると破滅する。
子供は世界中で一番手ごわいお客さんで、なかなか笑ってくれない。
僅かな人間が決めた賞なんて、そうたいした名誉ではない。私のほしいものは大衆の喝采だ。大衆が私の仕事を賞賛してくれたならば、それで十分だ。
私は肩書には興味はない。尊敬するのは、その人の業績だけだ
99パーセントまでは努力,1パーセントが才能.この1パーセントがよければうまくいく。
私たちがみんなで,小さい礼儀作法に気をつけたなら,この人生はもっと暮らしやすくなる。

▼チャールズ・チャップリン名言関連動画


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧