結婚式での乾杯の音頭、参考文例


結婚式での乾杯の音頭を頼まれた際には、どうすべきかあいさつ文など言う言葉を選んで本番までに調整や練習と限られた時間で音頭の完成をさせないといけないプレッシャーとともに乾杯の音頭の長さは、どのくらいが妥当なのか。その辺も気になるところです。
長過ぎず、短すぎないかたちの結婚式の乾杯音頭をご紹介したいと思います。
乾杯の音頭の時間としては、約1分程度にまとめた方が綺麗なかたちとしてみえます。あまりにも短すぎると、かえって新郎新婦や親族の方々にさみしい思いをさせてしまいますし長すぎると、どこで区切ればいいのか本人もパニックになるケースもあり、周りも「まだかな」という雰囲気にさせてしまいます。
そんなことにならない様に、約1分程度におさめて乾杯の音頭を進めましょう。
ここで、乾杯の音頭にふさわしい参考文例をご紹介します。

乾杯の音頭(参考文例)

■パターン1
○○君、○○さん
ご結婚 おめでとうございます。
ご両家の皆様方にも お祝い申し上げます。
わたくし、ご指名いただいた「新郎の友人代表の○○○」と申します。※パンチのある短めの話があれば、ココで紹介
大変喜ばしいこの場を祝して、乾杯の音頭をとらせて頂きたいと思います。
新郎新婦の末永いお幸せとご両家並びにご臨席の皆様のご多幸とご繁栄をお祈りいたしましてご唱和をお願いいたします。乾杯!
■パターン2
パターン2は、最初の流れはパターン1と同じ様な形で最後に「ご唱和をお願いいたします」といった少し硬い言葉を和らげた言い方で
【祝福ムードで】
お二人の末永いお幸せとご両家のご多幸とご繁栄をお祈りいたしましてみなさん声高らかに!ご唱和願います!乾杯!
ありがとうございました!
といった形など、様々なパターンで音頭の雰囲気も変わりますので色んな組み合わせで練習してみるなどして、本番の乾杯の音頭を喜ばしい席や場所で盛り上げましょう!

最後に、お祝いの席なので乾杯の音頭のマナーとして、「別れ」などを連想させる言葉はNGなので、乾杯の音頭の際に使用しないように気をつけましょう。
また、「繰り返し」など一度きりで良い婚礼を「二度三度と繰り返さないように」繰り返しを連想される言葉も使用しないように気をつけましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧