気管支炎のうつる、うつらないは原因によっては様々


気管支炎とお聞きして、喘息など呼吸が苦しいというイメージがあります。気管支炎自体はうつる病気ではなくても、症状やウイルスによっては咳などでうつる場合もあります。
どういった病気などがうつる病気なのか、うつらない病気だとしてもうつる可能性がある病状に対して予防対策などどう行うべきでしょうか。
kikansien-uturu
気管支炎とは、急性と慢性に分かれます。また、慢性気管支炎は、閉寒性肺疾患というものにも分類されます。気管支炎は、喫煙や周りのたばこの受動喫煙によって症状が悪化し慢性化する場合もあります。
とても影響が出やすい場所でもあるので、注意が必要です。また、気管支炎による飛沫感染についてご紹介します。原因や症状によってもうつる、うつらないなどありますが、予防対策や注意が必要です。
【飛沫感染する咳の病気】
・マイコプラズマ
・百日咳
・風疹
・はしか
・気管支結核
・インフルエンザ
【飛沫感染しない咳の病気】
・咳喘息
以上のことがあげられますが、咳でもどの咳か見分けられない為、マスクや予防策が必要です。
kikkansien-genin
急性気管支炎と慢性気管支炎の主な原因について。
急性気管支炎の主な原因は、インフルエンザウイルスやアデノウイルスなど感染して炎症を起こし、更に別のウイルスや細菌によって二次感染が起こり発症するものです。たんなど出て、その色が黄色や緑色の場合は感染している可能性が高いとされています。
治療方法は、病院で処方される抗生物質などの抗ウイルス薬などによって、短期間で回復がみこめます。
慢性気管支炎の主な原因は、多くが喫煙によるものと考えられています。その他にも、ウイルスや細菌や大気汚染、有害な粒子やガスなどでも肺に影響が出る場合もあります。
悪化すると呼吸困難なども引き起こしてしまうので危険です。咳が出やすいまたは該当するような症状がある場合、専門医などで診察を受けましょう。早期治療が大切です。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧