心臓がドクンとなる期外収縮の自覚症状!!


期外収縮についてよく知らない方も多いと思います。今回は期外収縮やその自覚症状について紹介したいと思います。

はじめに期外収縮とは?

heart-image

photo by:i.materialise

異常な刺激によって、本来の周期で動いている心臓が早く動いたりと収縮する不整脈のことです。意外にも自覚症状が多い方がいらっしゃるようです。
症状が出た場合には、胸部の不快感や胸痛、動悸やめまい、失神などを起こす場合があるとされています。
期外収縮の原因と考えられるのは、寝不足も入っており、ストレスやアルコールとカフェインの過剰摂取も原因としてあげられています。また、加齢によるものも多いようで、疲労なども原因のひとつに入っています。
そして、神経質の人にも多く見られるようです。期外収縮による自覚症状が強くなると治療が必要となりますので、また心臓の動きが変な感じがした場合などは、専門医の診察を受けましょう。

heart

期外収縮の自覚症状がある人が結構いらっしゃるようですが、その症状は1時間に数十回、ドクンとくるような感覚があるようです。
またその症状が気持ち悪いと感じている方も多くいらっしゃるようで、自覚症状に悩んでいる方も多いようです。
そういった症状がみられる際は、専門医へ相談しましょう。悪化すると危険ですので早期発見も大切です。治療としては、患者さんによって変わりますが、投薬による治療が主な方法とされています。
抗不安薬などで治療が始まるケースもあり、抗不安薬でも症状が治まらない場合は、抗不整脈薬を使用する方法があるとされています。
単発に期外収縮自体を治療するといった必要はないとのことですが、薬物療法で改善される方も多いようです。気になる方は、専門医へご相談ください。
また、予防・改善されるためにも、夜更かしはせず睡眠も十分にとって、アルコールやカフェインの摂取も控えるよう日頃から改善されることも回復へ繋がります。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧