B型肝炎のきになる感染経路など


ニュースなどでも目にする「B型肝炎」。B型肝炎で苦しい・辛い思いをした方もらっしゃるのではないでしょうか。どなたでも感染する可能性もあるB型肝炎について、気になる感染経路と予防策また症状についてご紹介します。

B型肝炎の感染経路?

ine
B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染による疾患です。また、B型肝炎ウイルスに感染している人の血液や体液を介して感染するケースがあります。主な感染経路は、B型肝炎に感染している母親からの伝染。これを母子感染といいます。

また、それ以外の感染。これを水平感染といいます。現在、日本のB型肝炎ウイルスの感染者は、約120万人~150万人とされています。その多くが母子感染によるものとされています。

乳幼児の時期は、免疫力も少なく、体内に入ってしまったウイルスも異物と認識することが難しいとされています。よって、このウイルスが肝細胞にすみつき、増殖します。

乳幼児に感染した場合、肝炎に症状が現れにくいため、健康と認識されるケースがあります。しかし大人になるにつれて体の機能も発達し、免疫機能も発達するため肝細胞にあるウイルスを異物と判断し、排除しようと攻撃しはじめます。これによって肝炎を発症します。

しかし一般的に多くの方が肝炎の症状も軽く、肝機能障害など進行することはあまりありません。中には、約10%の確率で慢性肝炎になる方がいらっしゃいます。

そして、約1%~2%の割合で、肝硬変や肝がんを発症するケースもあるので注意が必要です。現在では、母子感染の防止対策がとられており、新生児への感染を防ぐことができ、母子感染はほとんど起きていません。

もうひとつの水平感染についてですが、原因としては針刺し事故や予防接種時の注射器を使い回しによる感染、B型肝炎者の血液の輸血による感染があるとされています。

happa

またその他にも、性交渉やピアスの穴あけや麻酔時の注射器の使い回し、入れ墨などでの針や器具の消毒がきちんと行われずに繰り返ししようしたことが感染するケースがあります。

近年、最も多い感染源は、性交渉によるものとされています。ですので、性交渉を持つ時には、きちんとコンドームを使用することです。しかし、これで完全に感染を防ぐものではありません。

ですが、不特定多数の方と性交渉を持つのはなるべく避けましょう。また、B型肝炎の未感染者は、B型肝炎ワクチンによる接種で感染予防することが可能です。

成人になってから初感染した場合、約80%の方が肝炎にならず自然に治癒します。しかし、まれに急性肝炎の発症など起こす場合もありますので、気をつけましょう。

また、劇症肝炎を発症すると最悪の場合、死に至る場合があるので注意が必要です。どなたでもB型肝炎に感染する可能性がありますので、水平感染など十分に気をつけましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧