忘年会での乾杯の音頭、参考文例


一年間の労をねぎらい親睦を深める会となる「忘年会」。今年ももうすぐ忘年会の季節がやってきます。その際に欠かせないのが「乾杯の音頭」。見せ所でもある乾杯の音頭!ここでパッと盛り上げたいところでもあります。
bounenkai
その乾杯の音頭を成功させる為に、ここで参考文例をご紹介します。乾杯の音頭は、約2分~3分内でおさめましょう。
【1】
・今年一年を振り返って、感想を述べる
・今年一年、会社で面白かった出来事を簡単に述べる
・来年の抱負や目標を述べる
上記の3項目の内、どれかを述べた後に、参加された社員のみなさんのご功労に敬意を表して、今日は大いに飲んで食べて楽しみましょう!乾杯!といった流れで、乾杯の音頭を進めましょう。
yopparai
【2】
・はじめに労いの言葉を述べます。
・激励の気持ちも込めて言葉を贈ります。
今年一年、一生懸命勤めてくれた社員のみなさんに対して敬意を表して、今年の達成できたことや一緒になってやり遂げたことなど一年間を振り返りながら対等な立場で話すことも親しみがうまれ一体感がうまれます。
乾杯の音頭の出だしとしては、「みなさん、一年間お疲れ様でした!」から始めるのが一般です。また、年明けの目標やこういった流れで進んでいきたいなど明確なことを伝えるのも良いでしょう。
dasshu
最後に使える文例として
・お正月はゆっくり過ごして休んでください!
・○日後には元気な顔でまた会いましょう!
・来年も宜しくお願いします!
・本当によく頑張ってくれました!ありがとうございます!
・ハメはずしすぎないようにお願いしたいと思います!
・皆さんのおかげで会社もここまで大きく成長出来ました!ありがとう!
・二次会もあるのかな?楽しみでーす!乾杯!
などと、様々なフレーズを使って最後を締めるといった流れも良いと思います。
(注意点)
労いの言葉があれば社員のがんばりも報われますので、そういった気遣いや言葉を贈るといったことも考えながら乾杯を進めましょう!
また、愚痴やネガティブな発言は控えて、明るいことなど話に入れていきましょう!笑顔で始め笑顔で終わるといった流れの乾杯音頭で毎年の忘年会・乾杯の場を盛り上げましょう!


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧