心臓病患者、ポジティブな人の方が病状悪化リスク減少!?


2127943535_4b9356a74f_b
デンマークで心臓病患者に対する大規模な調査が行われました。
その調査結果ではポジティブな心臓病患者とそうでないネガティブな心臓病患者の間では5年間で死亡する確率がポジティブな人の方が42%も少なくなるという事が分かったそうです。
この調査は2005年からデンマークの病院に入院している心臓病患者600名を対象に行われました。研究中に亡くなられた心臓病患者は80名。内10%の方がポジティブな方、16.5%がネガティブな方という結果になりました。
これら前向きな人の方が病気改善し長生きする理由として、ポジティブ思考の人の方が良く運動し、良く食べ、良く寝たり、健康的行動を多く取り、不健康な行動は避けるようになる傾向にあるとの事。
病は気からと日本でも昔から言われてきましたが、あながち間違いではないかもしれません。健康を維持するためには体だけでなく心の健康も大事だという事ですね。
参照元:livescience.com


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧