味覚障害は亜鉛不足が原因かもしれません。


味覚障害というものは、身近に起こりうる症状です。味覚障害の症状としては、「何を食べても味が分からなくなってきている」「味が薄く感じられる」「作る料理が濃いと言われた」などです。ご自身でも思い当たることはありませんか?
kaki
近年では、10代~20代の若年層にも「味覚障害」を発症している方も多いとされています。原因としては、香辛料や調味料の量が多すぎるなどの原因も考えられます。また、注意が必要となります。
亜鉛不足でも起こりうる「味覚障害」は、亜鉛を効果的に食材から摂ることで治る見込みもあります。亜鉛を摂る際は、クエン酸やビタミンCと一緒に摂ることで亜鉛を吸収しやすくしてくれます。
生ガキやカキフライを食べるときにレモンをかけて食べていませんか?あの方法は、とても利にかなった食べ方なのです。しかし、注意する点もあります。亜鉛を摂取する際は、アルコールは避けましょう。
アルコール分解酵素は、酵素が働く際に亜鉛が使われます。アルコール摂取後は、亜鉛が不足してしまうために、その後の食事では亜鉛を摂取することを心がけましょう。
remon
亜鉛は、サプリメントとしても販売されていますので、摂取量を守った上で亜鉛を摂りましょう。味覚障害のチェック項目として、ご自身も調べてみてください。
・毎日2食以上は、ファーストフードやコンビニなどの食品を食べている
・四味の好き嫌いが激しい (四味:甘味・酸味・苦味・塩辛味)
・激辛料理が大好き
・エスニック料理をよく食べる
・唐辛子やワサビ、こしょうなど多めに使ってしまう
・アイスクリームや缶詰、加工食品などをよく食べる
・マヨネーズをよく使う、野菜などにも
・清涼飲料水を毎日3本以上飲むことがある
・歯を磨くときは、舌も磨く
判定としては全部にチェックが入る場合は、味覚障害度100%です。医師へ見てもらいましょう。4~7個チェクが入った場合は、80%です。味覚障害を起こしている可能性があります。3個チェック入る場合は、50%です。味覚障害の危険性があります。1~2個チェックが入る場合、味覚障害になる危険性があるので、食生活を改
善し注意しましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧