皮膚に出 来る赤い斑点は一体?


皮膚に出来る赤い斑点は一体何なのか?今回のテーマはコレです。単なる斑点と思い、放置していると恐ろしい症状のひとつと気づかずに悪化していたりするケースもあればまた、気にしすぎで神経質になってしまう場合と害はなく自然治癒で治るケースなど人によって様々です。
aozora
皮膚に赤い斑点が出た後、気になる方は念のために皮膚科へ診察しましょう。皮膚に出来る赤い斑点は、一体何なのか。様々なケースがあります。一般的には、「老化現象」で起こる場合が多いです。
針で刺した極小のものから約2mmほどと大きさも出るケースによって異なります。痛みやかゆみもなく、色がまだらで内出血しているような見た目が特徴です。血管腫というものは、20代から出来はじめて40代から気になりはじめてくるそうです。
できやすい体質などもあり、気になって悩んでいる方も多いそうです。「血管腫」が発生する原因としては、紫外線をたくさん浴びていたり、皮膚の炎症が繰り返されると発生するケースもあるようです。加齢による発生が主な原因でもあります。血管腫といっても種類もあり、「ルビー血管腫」と「いちご血管腫」があります。
「いちご血管腫」は、特に害はないが大きくなるのが特徴です。「老人性血管腫」は、害もないのでそのまま放置していても問題ないとされています。また、老人性と呼ばれていますが、実は思春期から発生し始めるものだといわれています。そのままにして自然治癒で治るそうです。気になるようでしたら、レーザー治療もあるようです。
soratoumitosunahama
首や腕や体の一部で見られるものですが、気になる方は皮膚科へご相談ください。レーザーなどでこの赤い斑点を消す治療もあるので、悩みが解決できる可能性は高いです。紫外線など当たることが多い場合は、日焼け止めやビタミンCを取るなどして予防対策を取りましょう。
帽子や長袖を着るなど、紫外線から肌を守る対策も効果的です。また、紫外線は目からも影響があるため、サングラスの着用もお忘れなく!首周りの対策も気をつけてみてください!


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧