気になる田七人参の効能とは?


注目を集めている「田七人参」とは、どういったものなのでしょうか。また、どのような効能があるのかまだ知らない方のために「田七人参」についてご紹介します。

【田七人参とは】
sansitininjinn
別名中国人参と言われ、金と交換するには惜しいほど貴重なものとされています。また、肺炎の特効薬として有名な「ヘンシコー」という主成分が多く含まれています。朝鮮人参と同じウコギ科というものですが、形や効能は全く異なります。血止め薬として使われてきた「田七人参」のその他の効能についてご紹介します。
【効能について】
hatake2
免疫を高める効果があり、また細胞の老化原因ともなる「活性酸素」を抑える力もあります。その他にも血液を浄化する力もあり、慢性関節リウマチやアトピー性皮膚炎にも効くとして知られています。
先ほど紹介したように、止血や消炎作用もあり打ち身や捻挫、吐血や産後の腹痛を和らげる作用もあります。その他にも、「脳出血の予防」「脳梗塞の予防」「手足の麻痺」「頭痛・イライラ・知覚/言語障害」の予防や改善。また、「心臓病」や「糖尿病」「肺炎」「更年期」「血小板減少症」「ストレス(アルコール依存症/過食症/拒食症)」「高血圧」「低血圧」「肥満」「動脈硬化」「胃潰瘍」「肩こり」などの緩和・予防改善にも効果があるとされています。
血流改善の効果もあり、幅広い特効薬として使用されるケースも多いようです。
【副作用はあるのか?】
hatake
田七人参を飲むことによって、一時的に病状が悪化する症状があらわれる場合もあります。体内に溜まっていた毒素を排出しようとし、血行が良くなり新陳代謝も活発になるケースもまれにあるようです。
これらの症状は2週間ほどで落ち着きますが、症状があらわれた際は念のために主治医など医師に相談されることをおすすめします。服用することで危険がともなうわけではないですが、一人一人の環境やお体の体調によって症状も変わる場合がある為、注意をして服用されることをおすすめします。
最後に、様々な効能が有望されている「田七人参」はサプリとしても販売されているので身近なものになっています。この機会に、お試しで飲んでみてはいかがでしょうか。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧