萎縮性胃炎の症状とは?


萎縮性胃炎とは、慢性化した胃炎によって胃の粘膜が萎縮してしまうことなのです。
実際に自己判断でなく、しっかり医師に検査してもらいましょう。内視鏡検査によって萎縮性胃炎かどうかははっきりと判ります。萎縮性胃炎の症状は、人によって様々です。内視鏡によれば、胃の一部しか萎縮していない人、胃全部が萎縮している人様々です。正常の人の胃の粘膜は、血管が見えないものです。
ume
しかし、萎縮性胃炎の人の胃の粘膜は、薄くなって、血管が浮き上がったような感じです。そして、萎縮性胃炎にかかっている胃はちょっと黄色がかって見えるのも特徴です。萎縮性胃炎の原因はなんなのでしょうか。
それはヘリコバクター・ピロリ菌なのです。そして、残念ながら現在萎縮性胃炎の治療方法はありません。 そして、萎縮性胃炎でそれほど生活に支障及ぼすケースも少ないようです。
そして、何か胃に痛みなど発する場合には萎縮性胃炎ではなくて、他の胃の病気について触れてみた方がよろしいかと思いますよ。 ちょっと誤解もあるようなので訂正しますが、萎縮性胃炎の胃炎の方は治療可能です。
sinrinkagami
しかし、萎縮してしまった胃をもとの形に取りもどすことは出来ないと解釈してください。ヘリコバクター・ピロリ菌を除去するのも一つの方法かもしれません。 しかし、ヘリコバクター・ピロリ菌を除菌しても、萎縮性胃炎の萎縮が治るという問題でもないようです。
ヘリコバクター・ピロリ菌を除去することは決して悪いことではありません。萎縮性胃炎の人は胃ガンの人が多いと言います。これは萎縮性胃炎が原因なのではなくて、ヘリコバクター・ピロリ菌が原因なのです。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧