へそのゴマは優しく掃除しましょう。


へそのゴマ。あれは一体なんなのでしょうか。そして私達の古くからの言い伝えとして、へそのゴマは取らない方がいいと言います。それは本当なのでしょうか。昔からの言い伝えって結構違っていることも多いですよね。そこのあたりのことを全部ここでは明確にしたいと思います。

heso-goma-souji

へそとは、耳のように複雑な形をしています。しかし、耳より手入れが難しいものですよね。実際には、へそとは、臍帯の役割があっただけで、母親の絆が取れた後では何の意味をも持たないものです。

しかしこの複雑化したへそは、手入れをしないでいるとアカやせっけんカスなどがたまってしまいやすい場所なのです。その溜まったものがへそのゴマというわけです。だから、決して草加せんべいのゴマのようなものではないということはしっかりと理解していただきたいですね。

heso-goma-souji2

そこにはセサミンもなく、ゴミなのです。それなのになぜ昔の人たちはへそのゴマは取っては駄目だと言っていたのでしょうか。へそは皮膚が薄くて、掃除とともに非常に傷つけやすい場所だからみたいですね。私達はへそのゴマは掃除するべきもの。

しかし、優しく皮膚を傷つけずに掃除するべきものという意識を徹底していただきたいものです。今では綿棒というものも百円ショップなどで簡単に手に入るようになりました。ああいうものを使っていただいて。しかしへそのゴミはなかなか取ろうにも取れない場合が多いですよね。

heso-goma-souji3

ベビーオイルかオリーブオイルなど使っていただくことも方法です。一度に掃除しようする意識が皮膚を傷つけてしまうようです。ヘソを掃除する意識さへ持っていただければ、何度か繰り返すうちに綺麗にゴミは取れてくるものです。海のシーズンにビキニ姿に全く手入れされていないヘソと言うのも実に見苦しい話しではありませんか。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧