C型肝炎の感染経路は、血液です。


C型肝炎って最近非常に聞く言葉ですが、実際にしっかりと理解していらっしゃるでしょうか。C型肝炎とはC型肝炎ウイルスHCVの感染によって起こる肝臓の病気です。肝臓がウイルスに炎症起こして、段々と細胞も壊れて行ってしまうのです。肝臓は私達にとってとても大切な臓器であることは言うまでもありません。エネルギーの代謝、栄養素の貯蔵、解毒作用、血中コレストロール濃度の調整。全部肝臓の役割です。
ctypekanen-kansenkeiro2
肝臓の機能が壊れてしまうことによって発熱が起こり、体が非常にだるくなったり、疲れやすくなったりします。最初、これは風邪かなと思うこともあるかもしれません。しかし、肝臓はどんどんと悪化して、慢性肝炎、肝硬変、肝臓癌へとも発展して行ってしまうとても恐ろしいものなのです。何故、C型肝炎になってしまったのか。感染経路は非常に気になる問題です。C型肝炎はまず血液感染です。既に感染している血液が他の人たちの血液に入ることによって感染して行きます。
ctypekanen-kansenkeiro3
空気感染や経口感染ではありません。輸血などが原因していたようですね。しかし、それは昔のことです。最近では輸血にもC型肝炎ウイルス感染の配慮がされていますので、そう言ったことはありません。現在考えられる要因は、血液凝固因子製剤を投与されたり、血液透析を受けていたり、臓器移植を受けたり、そしてピアスなどで穴をあけたりした時に血液感染してしまうようです。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧