日焼け後のかゆみをケアする方法。


これから暑い夏が始まります、行楽シーズンには海、山、川と遊ぶ機会が多いと思います。その時に注意しなければいけないのが日焼けです。日焼けをしすぎると後々炎症が起こったり、かゆみが発生してしまったりします。今回は日焼け後のかゆみのケアについて紹介していきたいと思います。

日焼けでかゆみが発生する理由。

海で日焼けする女性の写真
日焼けは極度に紫外線をあべることで皮膚が炎症を起こしてしまいます。炎症してしまうと皮膚が熱を持ち水分を奪ってしまいます。こうなると皮膚からは水分が抜けてしまい、徐々に乾燥してしまいます。日焼けをした後にかゆみが発生してしまうのはこの乾燥肌が原因となってしまいます。
海で背中を日焼け
また、日焼けをしすぎてしまい水疱が出来てしまった場合もこの部分がかゆみとなってしまいます。

日焼け後のかゆみのケア。

日焼け後にかゆみや痛みを減らすためにはしっかりとしたケアが必要になります。肌をケアするために必要なのは水分補給と冷却。まずは水分補給ですが、その名の通り水などの水分を良く飲むようにし、保湿成分の高いボディークリームなどを患部に塗り、体内、体外で水分補給を行うようにしましょう。
日焼けでかゆみが発生
次に冷却ですが、体全体を日焼けしてしまった場合は冷たいシャワーを浴び、体の一部が日焼けしてしまった場合は氷水などを作成し日焼けしてしまった部分をケアすっるようにしましょう。この2点を行えばかゆみや痛みをなるべく早く治す事が出来ます。
水疱が出来てしまうような重度の日焼けの場合、かゆみやヒリヒリとした痛みが気になる場合は、皮膚科などで適切な処置を行ってもらうようにしましょう。
夕暮れの海
いかがでしたでしょうか、今回は日焼け後のかゆみについてのケア方法の紹介でした。日焼けをした後でも適切なケアを行えば治りが早くなるのでなるべくケアを怠らないようにしましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧