血管年齢、高くなる原因と下げる方法。


自分の血管年齢は何歳か把握していますか?血管年齢が高くなると動脈硬化を始めとする病気になる可能性が高くなってしまいます。今回は血管年齢が高くなってしまう原因と、血管年齢を下げる方法を紹介していきます。

血管年齢が高くなってしまう原因

tabako03
血管年齢が上がってしまうとなぜ病気になるのか?血管は血液だけでなく酸素や栄養を全身に行き渡らせる重要な役割を担っていますが、血管年齢が上がると血管は固くなり分厚くなってしまいます。分厚くなると血流が悪くなり動脈硬化などの病気の引き金となってしまいます。

血管年齢が高くなる原因は色々とあります。その一つは食事です。塩分や脂分をとり過ぎなどがあげられます。次に運動不足なども血管年齢を高くする原因になってしまいます。その他には喫煙やストレスなどもあります。

血管年齢を下げる方法

aozakana
血管年齢を下げるには、高くなってしまう原因を取り除く必要があります。それには、やはり上記した食生活と運動、生活習慣を改善する必要があります。

食生活で特に気をつけたいのは脂です。普段の食生活はお肉を中心とした動物性脂肪ばからとっていませんか?動物性脂肪は飽和脂肪酸を多く含んでおり、この飽和脂肪酸は血管で固まり、詰まらせる原因となってしまいます。なので、お肉ではなく飽和脂肪酸が含まれない魚を中心に食べるようにしましょう。

運動もなるべくするようにしましょう。ただし極端に激しい運動を行うと、さらに血管年齢を高くする恐れもありますので、ウォーキングなどの軽めの運動を毎日行うようにしましょう。

最後に生活改善ですが、やはり喫煙をしている方はどうしても血管年齢が高くなりやすいです。禁煙するとストレスになるというのも分かりますが、血管年齢を下げたいのであれば禁煙を行うのがベストです。また、不規則な生活をしていたり、偏った生活をしてしまうとどうしても血管年齢は上がってしまいます。当たり前ですが、早寝早起きを心がけ、栄養バランスを考えた食事をとりましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧