くせ毛をなるべく治す方法!


朝起きたら前髪がクルりん、後ろのどっかが跳ねてるなど、くせ毛で悩んでいる人は多いと思います。この記事ではくせ毛をなるべく治す方法を紹介したいと思います。

“なるべく”と書いたのは、究極的に治したいのであれば縮毛矯正やストレートパーマをかけた方が早いからです。なるべくストパーや縮毛矯正せず、じっくり治して行く方法を紹介したいと思います。

kusege1

くせ毛を治すには“髪を大事に扱う”という意識が大切です。お風呂に入ったとき、乾かすときなど髪が痛む可能性がある行為をする時には特に気をつけるようにしましょう。

お風呂ではガシガシ、ゴシゴシしては駄目!

kusege2
頭皮が汚れているからってゴシゴシあらってはいませんか?髪の毛は水に濡れている時が一番痛みやすいです。ゴシゴシあらってしまっては更なるくせ毛の原因になてしまうので注意しましょう。

▼お湯でしっかり髪をすすぐ
ササッとお湯で流しシャンプーに移っていませんか?シャンプーの前に必ず時間をかけてお湯を髪の毛に浸透させるようにしましょう。

▼泡立てたシャンプーで洗う
まずはシャンプーを泡立ててから髪や頭頂部につけましょう。頭頂部は指のお腹でマッサージするように洗い、髪の毛は優しく揉むようにして洗いましょう。更に、ここで注意してほしいのはすすぎです。シャンプーが残ってしまうとフケや汚れの原因となっていますので、しっかりと流す意識を持ちましょう。

▼トリートメントは髪だけ
トリートメントを頭皮につけてしまうと落ちなくて汚れになってしまう可能性があります。頭皮にはなるべくつけないように髪になじませましょう。

ドライヤーはくせ毛の原因になりやすいので要注意

kusege3
お風呂からあがったら髪をかわかさなければいけません。しかし、この髪を乾かすという行為、大変髪を傷めやすいです。タオルとドライヤーをうまく使いなるべく痛めないよう乾かしましょう。

▼タオルはやさしく使う
まず、出来る限りの水分を乾かす前に落としましょう。動物達がやるように首を大きく振り、水気を飛ばせるだけ飛ばします。次にタオルですが、シャンプーの時と同じく激しく髪をワシャワシャと拭いてはいけません。タオルの正しい使い方は“優しく叩くように”です。

▼なるべく短時間で乾かす。
髪が濡れているとそれだけでくせ毛の原因となります。なるべく早く髪を乾かしましょう。ドライヤーも出来れば業務用の風力の強いものが好ましく、無い場合は市販のでも構いませんが、風力を最大にしましょう。しかし、熱を当てすぎるとそれもまたくせ毛の原因になりますので、ドライヤー自体をフリフリしながら一箇所に熱が集中しないようにしましょう。

以上の事を毎日続けていれば、少しずつくせ毛に改善が見られるはずです。また、当たり前ですが不規則な生活、不健康な食生活を行っていたりするとそれだけでくせ毛の原因になってしまう場合があるので要注意。また、人によって合うシャンプーやトリートメントが違いますので、体質にあった商品を使いましょう。美容院などで専門家に相談すれば教えてくれるはずです。


コメントする

1件のコメント


  • ああ

    朝起きて急いでるときにできるように、水だけで直せる方法はないんですか?

    早めにアドバイスお願いします。急いでます。



コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧