ここで分かる!肺炎の原因と症状!


様々な原因が元で発症してしまう肺炎とは?種類や症状を解説。

肺炎の種類

haienshoujou
肺炎は呼んで字の如く、肺が炎症を起こす炎症性疾患。実は肺炎は様々な原因で起こりうる。大きく分けて3つあります。一つが細菌性肺炎、二つ目がウィルス性肺炎、三つ目が非定型肺炎になります。

▼細菌性肺炎の原因
最も多く発症する肺炎がこの細菌性肺炎。原因は、インフルエンザ桿菌を初めとした様々な細菌。

▼ウィルス性肺炎の原因
インフルエンザウイルス、麻疹などのウィルスで発症する肺炎。

▼非定型肺炎の原因
喫煙やクラミジアなどからも発症する。この非定型肺炎で最も知られているのがマイコプラズマ肺炎です。幼少期~30才位までが主に発症する。

肺炎の症状

haienshoujou3
肺炎の症状では、細菌性とウィルス性ではほぼ同じで咳が長引いたり、食欲不振、倦怠感、発熱、痰、胸痛、悪寒などがあげられる。マイコプラズマ肺炎、一部のウィルス性肺炎では、熱がない場合でも発症する場合も多く、咳が長引いたり発疹する場合があります。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧