思わず日焼けしても大丈夫、ケアで炎症を軽減!


1日中外回りをしていた、休みだったのでアウトドアで一日中外にいたなど、様々な場合で日焼けをしてしまいます。そんな時意外とケアしている人は少ないのではないでしょうか?実は度合いにもよりますが日焼けあとにケアをする事で軽減する事が出来るのです。

日焼けのメカニズム


日焼けは健康的ではありますが、焼きすぎるとお肌にあまりよくありません。日焼けは紫外線を過度にあびる事で皮膚が炎症を起こす状態なのです。また、意外と知られていませんが日焼けは2種類あります。一つ目は日焼け後2、3時間で皮膚が赤くなりヒリヒリするサンバーン。もうひとつは色素沈着が進行し2日~1週間程度で皮膚はボロボロと薄利するサンタンです。次の項目から日焼けを軽減するケア方法を紹介します。

日焼けをしてしまった後にケアする方法


最も大切な日焼けのアフターケアは冷却水分補給です。日焼けは基本的には軽度のやけどなので、その患部を冷却する必要があります。体全体を日焼けしてしまった場合は冷たいシャワーを浴びるようにしましょう。部分的な日焼けの場合は患部を氷水や冷水を使いアイシングしましょう。そして、日焼け後のお肌は乾燥している状態なので、お水をたくさん飲むようにして更に肌に優しい化粧水などをたっぷり使い水分補給を行いましょう。

日焼け前のケア方法~日焼け止めを選ぶポイント~


事前に日焼けしそうだと分かった時は日焼け止めなどを活用しましょう。選ぶときのポイントの一つとしてSPF(サン プロテクション ファクター)があります。よく日焼け止め商品などにSPF10やSPF30などと記載されているあれです。これはどういう意味かと言うと通常20分で日焼けする人がSPF10の場合200分。SPF30で600分効果がありますよという意味です。より数値が高い商品の方が効果が期待出来ますので商品を買う際の参考にしてみて下さい。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧