禁酒したら効果はどれ位ある?


日本では20歳になると晴れてお酒が飲める訳ですが、学生時代はコンパやイベントの時しか飲んでいなかったのが徐々に大人になるにつれてそのペースは極端にあがります。付き合いで飲んで飲まされ、ついには一人でも晩酌をしてしまう人も多いのではないでしょうか?
しかし、飲めば飲むのどアルコール依存症に近づいてしまうので、時には禁酒をしてアルコールを体から抜いてあげなければいけません。禁酒する効果を紹介していきたいと思います。最初は休肝日を設けるだけでもかまいません、徐々に禁酒に近づけるよう頑張ってみましょう。

禁酒による効果1.ダイエット


禁酒による効果はかなり大きいと思います。晩酌し、おかずやおつまみを食べてそのまま寝る。明らかに太りますね。禁酒がもたらす効果の中でもダイエットはかなり大きいのではないでしょうか。アルコールを飲む回数が多ければ多いほど体重が増えるリスクが高まると意識して下さい。禁酒をすれば最低でも現在の体重をキープする事が出来ると思います。

禁酒による効果2.体調改善


アルコールを取る事はもちろん、人間にとって自然な行為ではありません。不要物です。酔うという事は体が拒否反応を出しているという事です。もちろん肝臓にも負担をかけますし、飲んだ次の日にはダルさや頭が重く感じる現象も起きてしまいます。やはり禁酒をして人間にとって自然な生活をする事によって体調改善の効果も期待出来ます。

禁酒による効果3.睡眠促進


毎日晩酌をする人は徐々にアルコールが無ければ寝れなくなってしまいます。アルコール依存症の始まりですね。更にアルコールが無ければ寝れないのに、アルコールを飲んだ次の日はダルさや疲れが出てしまいとっても悪循環。最初は辛いかもしれませんが、飲酒せず寝れるようになりましょう。おすすめは体を動かすこと。飲酒して寝るという事はある意味、体を疲らせて寝ると言う事。同じ疲らせるのであれば、ジョギングやウォーキングなど体を動かして疲れさせればダイエット、健康管理にもなり禁酒の効果を高く得る事が出来ます。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧