別名帝王病と呼ばれる痛風の症状!


年を重ねる毎に体の心配がまします。特に30代以降は成人病にかかる確率がグッと上がってしまいますのでとても怖いですね。今回は風がふくだけで体が痛んでしまう痛風の症状についてです。

痛風の症状


痛風は30代以降の中年にかかりやすく、別名帝王病といわれています。その所以は痛風が食生活が主な原因となっているからです。カロリーの高い食事ばかり食べていたり、栄養バランスの悪い食事をしていたり、高級食材ばかり食べる贅沢な食生活の方に起こりやすい病気と言われています。

痛風の症状としては、腰より下が痛み出します。これは、痛風の原因となる尿酸の結晶が重力により下部へ沈着しやすいためです。なので、膝や足、指などに痛みが現れます。また、重度にもよりますが、足の指が変形したり、膝関節などが炎症してしまいます。

痛風の合併症


痛風を患った方は、他の病気も考えられます。尿路結石、糖尿病、腎障害などが合併しやすく、痛風の症状が出始めたら必ず病院で合併症を患っていないか検査するようにしましょう。早期発見が何よりも大切です。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧