毎年減少傾向のサラリーマンの平均年収!平成23年は?


日本人のサラリーマン年収についてご紹介。先日の総選挙で景気回復などを公約に掲げていた自民党が圧勝し、今後の活動に注目が集まっています。今回サラリーマンの年収に調べてみた所、不景気の煽りを受けてか平均年収も毎年減少傾向という事が分かりました。

平成23年サラリーマンの平均年収


平成23年のサラリーマン平均年収は409万円。ここ20年で一番良かった時期は平成9年の467万円でした。そこから毎年少しづつ減少したまに微増するものの現在の409万円に至っており、なるほど景気はどんどん悪くなっているのだなと思わされます。

平成23年年代、性別毎のサラリーマンの平均年収


【男性】
・20代 314万円
・30代 466万円
・40代 596万円
・50代 628万円
・60代 418万円
【女性】
・20代 263万円
・30代 294万円
・40代 285万円
・50代 268万円
・60代 209万円


以上は国税庁が調査した民間給与実態統計調査結果より割り出したサラリーマンの平均年収になります。年収をあげるのは自分達の努力がもっとも重要ですが、日本の景気を向上出来るかどうかは政治にかかっています。政権を取り戻した自民党が公約を守り景気回復に向けて動いてくれるのか、はたまた民主党と同じく何も変わらないのか、嫌でも注目が集まりそうですね。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧