物語は、 世界の共通言語。 村上春樹の名言集!

  • 投稿:2012年11月26日

  • カテゴリ:名言

  • タグ:


日本を代表する作家、村上春樹の名言集をご紹介。

▼村上春樹

1949年1月12日に京都府京都市で生まれます。幼少期から国語教師をしていた両親の影響もあり読書家であった。大学は早稲田大学第一文学部に入学。在学中に結婚をし、夫婦でジャズ喫茶「ピーター・キャット」を開店しました。ジャズ喫茶を経営している傍ら小説を書き、「風の歌を聴け」で第22回群像新人文学賞を受賞。同年には芥川龍之介賞、野間文芸新人賞の候補になる。作家に専念するためジャズ喫茶は人に譲り数々の作品を世に出します。そして430万部のベストセラーとなった「ノルウェーの森」を発表。その後国内で活躍する一方2009年にはエルサレム賞を受賞し世界からも注目を集める事となります。

▼村上春樹の名言

物語は世界の共通言語
少しずつ向上する。少しずつだけれど、それでも向上は向上だ。
僕はこれまでの人生で、いつもなんとか別な人間になろうとしていたような気がする。
自分に同情するな。自分に同情するのは下劣な人間のやることだ。
ときどき、 自分の影と競走しているような 気がすることがある。 どれだけ速く走って逃げても、 逃げ切れるわけがない。 自分の影を振り切ることはできない。
女というのはまるで鮭みたいだ。なんのかのと言ったって、みんな必ず同じ場所に戻りつくのだ。
どれだけ進行を遅らせたところで、老いは必ずその取りぶんを取っていく。
一般論をいくら並べても、人はどこにも行けない。
遠くから見れば、大抵のものは綺麗に見える。

流れというものが出てくるのを待つのは辛いもんだ。しかし待たねばならんときには、待たねばならん。
僕らはとても不完全な存在だし、何から何まで要領よくうまくやることなんて不可能だ。不得意な人には不得意な人のスタイルがあるべきなのだ。
今日は嘘をつくつもりはありません。できる限り正直になります。嘘をつかない日は年にほんのわずかしかないのですが、今日がちょうどその日に当たったようです。
月の裏側に一人残されていたような恐怖を自分のことのように想像しながら、その状況の意味を何年も考え続けた。
インターネットで「意見」があふれ返っている時代だからこそ、「物語」は余計に力を持たなくてはならない。
人は原理主義に取り込まれると、魂の柔らかい部分を失っていきます。そして自分の力で感じ取り、考えることを放棄してしまう。
人々は闇の中から出てくる何かを見つけることで闇の中から救われることができる
多くの人は枠組みが必要で、それがなくなってしまうと耐えられない。いろんな檻というか囲い込みがあって、そこに入ってしまうと下手すると抜けられなくなる
「物語」は残る
昔スティーヴン・キングが「ウンコ投げ競争の優勝者は、手がいちばん汚れてない人間だ」と言いました。
公正さというのは極めて限定された世界でしか通用しない概念のひとつだ。しかしその概念はすべての位相に及ぶ。
人はどんどん変わっていくし、過去の発言に縛られたくありません。
ひとつを解くことはおそらく、もうひとつをより明快に解くことになるはずだ。
非常に簡単な言葉で、非常に複雑な物語を語りたい。
深刻になることは必ずしも、真実に近づくこと・・・ではない。
慎重に考慮した結果、最終的に出席の判断をしました。この判断の理由の一つは、実に多くの人が行かないようにと私にアドバイスをしたことです
私が小説を書く目的はただ一つです。個々の精神が持つ威厳さを表出し、それに光を当てることです。
罪を犯す人と犯さない人とを隔てる壁は我々が考えているより薄い。
小説家が嘘を言っても非道徳的と批判されることはありません。それどころか、その嘘が大きければ大きいほど、うまい嘘であればいっそう、一般市民や批評家からの称賛が大きくなります。
死は生の対極としてではなく、その一部として存在する。
完璧な文章などといったものは存在しない。 完璧な絶望が存在しないようにね。
高く堅固な壁と卵があって、卵は壁にぶつかり割れる。そんな時に私は常に卵の側に立つ。
忘れたいものは絶対に忘れられないんです。

▼村上春樹名言関連動画


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧