僕らが行かなくてどうする。ビル・ゲイツの名言集!!

  • 投稿:2012年11月25日

  • カテゴリ:名言

  • タグ:


1代で世界を代表する企業を創ったビル・ゲイツの名言集!

▼ビル・ゲイツ

ビル・ゲイツは、アメリカ、ワシントン州シアトルで1955年10月28日に生まれました。父は法律家、母は銀行役員の秘書と裕福な家庭で育ち、幼い頃から成績優秀な子供だったといいます。中学、高校はシアトルの私立レイクサイドに進学し、ここには当時貴重だったコンピュータもあり、ビル・ゲイツはこの学校でコンピュータに興味を持ち始めました。高校生の頃、ビル・ゲイツは友人のポール・アレンと共に会社を創業。給与計算システムを製作したり、交通量計測システムなどを製作した。大学はハーバードへ入学、BASICを製作しMicro-Softを設立。更にOS製作を手がけMS-dos、Windowsなど現在に繋がる事業を手掛けていきました。

▼ビル・ゲイツの名言

悪い知らせは、早く知らされなければならない。
成功の鍵が何かは知らないが、失敗の鍵は、全ての人を喜ばせようとすることだ。
人の心をつかむもの、それは「誠実」である。
人類史上の進歩のほとんどは不可能を受け入れなかった人々によって達成された。
この20年間は信じられないような、冒険の日々だった。
人生は学期ごとに分けられていない。夏休みは無いし、ほとんどの雇用主は君が自分を見出すことに興味を持たない。それは自分の時間にやれ。
成長は一時的に安定を失うことだ。それは、慣れ親しんでいるが型にはまったやり方や、安定しているが退屈な仕事、時代遅れの価値観、意味のないつき合いを排除することでもある。
将来においては2種類の会社があるだろう。ウェブサイトを持つところと、廃業したところ。
ゴールドラッシュは猛烈な投資を引き起こす。そのうちの一部は成功するが、熱狂が終わって振り返った時、失敗に終わった企業の山を見て、首をかしげることになるだろう。「いったい誰がこんな企業を設立したのだろう」「何を考えていたんだ」「熱狂だけでここまで馬鹿なことをしたのだろうか」と。
ポールも私も、大企業でソフト開発に携わった経験があったので、管理が行き届いていることが時にマイナスであることを知っていました。我々が一番望んでいたのは、人材や開発ツールに投資することにより、優秀な人材が集まって楽しく仕事のできる環境を作ることでした。

テレビは本当の人生ではない。 現実では、人は喫茶店にいつまでもいられるわけはなく、仕事に行かなくてはいけないのだ。
あなたの顧客の中で、一番不満を持っている客こそ、あなたにとって一番の学習源なのだ。
人間にはものを考える時間が必要だ。
経営の鉄則は、優秀な頭脳を集めること。
その頃、パソコン業界はリーダー不在だった。僕らが行かなくてどうすると思いましたね。
切羽詰まったときにこそ、最高の能力を発揮できる。
君が失敗したらそれは両親のせいではない。文句を言わずに学べ。
成功したければ成功への願いが失敗への恐れよりも強くなければいけない。
世界は君の自尊心を気にかけてはくれない。君の気分に関係なく世界は君が仕事を終わらせることを期待している。
デジタル経済が今後さらに発展し、スピードこそが企業にとって最も重要になる。
人生は公平ではない。それに慣れよ。
何でもできるパソコンを世界中の家庭に普及させるのが夢。
億万長者になりたい気持ちはわかる。ただし一度手に入れすぎてしまってごらん、それはハンバーガーと同じようなものなんだ、わかるかい。
会社は何のために存在しているのでしょうか。利益拡大や株価上昇による富の創造だけでなく、最終的には人々の生活水準を改善することだと信じています。
未来は行動の先にある。
成功は、最低の教師だ。
満点をとったことは自慢にならないよ。本当に大切なのは知識を丸暗記したり、教えられたとおりのことを答案に書くことではなくて、先を見る洞察力だ。
力は知識を隠しておくことからではなく、分かち合うことから生まれる。
自分が出したアイデアを、少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想をしているとは言えない。
成功の鍵は、的を見失わないことだ。自分がもっとも力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中することである。
「知識は力なり」というふるい諺があるが、これはときとして人に知識を独占する気持ちにさせる。知識を独占することで自分が欠かせない存在になると信じるからである。
リスクを負わないのがリスク。
成功の秘訣?それは、大きなビジョンがあるかどうかだよ。

▼ビル・ゲイツ名言関連動画


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧