自閉症のフレッド君4歳を大きな愛でつつむ元野良猫のビリー。

  • 投稿:2012年06月16日

  • カテゴリ:生活, 癒し

  • タグ:


みなさん、自閉症って言葉をご存知ですか?性格的に暗い人や情緒不安定な人を自閉症と呼ぶ事があるみたいですが、それは間違いです。自閉症とは先天的な脳の障害から来る認知障害です。日本では、現在1000人に1人の割合が自閉症と診断されています。
今回、紹介する4歳のフレッド君も自閉症で他者とのコミュニケーションがうまくとれず、ひとり遊びが多く癇癪を起こしパニック状態によくなっていたといいます。
そして、自閉症を克服し社会に適用するのは両親と本人の大変な努力が必要と言われていますがフレッド君はある事がきっかけとなりパニックや癇癪が起こり難くなり、他者とのコミュニケーションが取れるようになったといいます。
そのきっかけとは、両親が野良猫保護施設から引き取った野良猫のビリー。
自閉症であるフレッドは通常他者とコミュニケーションをとるという事はしないのですが、ビリーに対しては違いました。二人は出会ってすぐに仲良くなり大親友。
自閉症では通常考えられない、笑顔がフレッドが溢れ、時にはビリーとじゃれあい、コミュニケーション能力が向上、更にビリーもフレッドの事を良く理解し、誰よりも早くフレッドがパニックになる時がわかったり、フレッドが悲しそうな時はずっとフレッドの傍で見守っていおり、現在では、フレッドとビリーは切っても切り離せない親子のような親友のような関係になりました。




参照元:Daily Mail


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧