里親探しにもなっているアメリカの猫カフェが素敵


猫カフェは1998年に台湾で回転した猫花園が最初だと言われています。日本に上陸したのは2004年、以後全国に広がり現在でも多くの猫カフェが存在します。アジアで始まった猫カフェですが最近では欧米でも続々と人気が広がりつつ有ります。
まだまだ海外では認知度の低い猫カフェですが、先日アメリカ、カリフォルニア州オークランドでオープンした「CAT TOWN CAFE」が現在話題を読んでいます。
この猫カフェはNPOであるOakland Animal Servicesが運営しており、運営目的として多くの困っている猫を助けるという理念があります。実際こちらの猫カフェにいる猫たちはオークランドにいる引き取り手のいない子たち。
▼おしゃれで清潔感のある店内
tumblr_ndb2uq8Kzg1tr2atto1_1280

猫カフェとしての癒しの空間を提供するとともに、猫たちの里親探しにも一役買っています。
店内のスペースは飲食と猫ゾーンとは別れており、猫ゾーンを利用する場合は1時間10ドルの寄付をする事で利用出来ます。また、猫を飼いたい場合には好みの猫とのお見合いも行われています。
▼店内には招き猫の姿も
tumblr_nc5us1QLAC1tr2atto1_1280

オープンから一ヶ月すでに数多くの猫たちが新たな里親と出会えたそうです。
実はこのような取り組みは海外だけではありません。日本の猫カフェでも多く行われている取り組みなので気になった方は是非お近くの猫カフェを探してみて下さい!
▼里親さんと一緒に
tumblr_nc9oywjYgM1tr2atto1_1280

参照元:Cat Town Café


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧