日本の動物園でも会える珍獣ハダカデバネズミ


今回は映画に出てきそうな珍獣、それもファンタジー系の悪役、さらに雑魚に出てきてすぐやられそうなハダカデバネズミをご紹介。最後にはハダカデバネズミに会える動物園も記載してるのでそちらも是非。

奇妙な見た目のハダカデバネズミ

e64ecac0c3d1253820a1bbf0e338a2f1_40
なんといってもその特徴は見た目の裸っぽさと鋭く尖った歯ではないでしょうか。きっと名前もこの容姿からきているのだと思われます。
普通のネズミでは多くの体毛を所有していますが、このハダカデバネズミには細かい体毛しかはえていません。また、地上で生活することは無く、ほとんどを土の中で過ごしています。そのため体温は低く、これを調節する機能もないそうです。
そしてハダカデバネズミの凄いところはその寿命にあります。普通のネズミの10倍以上の長寿で28年ほど生きるという。犬や猫の寿命が10年~15年と言われていますが、比べてもやはり長寿。
また、癌に対しての報告も凄い、今のところハダカデバネズミから癌が発見された報告はありません。これはハダカデバネズミが生成する密度の高いヒアルロン酸のおかげと言われています。
この奇妙な見た目のハダカデバネズミ、現在日本の動物園でも多く飼育されています。詳細は最下部にてご確認ください。
▼ハダカデバネズミの動画

軍隊みたいなハダカデバネズミの群れ

e0294253_1117467
ハダカデバネズミは哺乳類では珍しく、女王ネズミを中心とした軍隊のような階級制度。数十頭~300頭ほどの群れで生活するハダカデバネズミだが、繁殖出来るオスは数頭と、女王ネズミ1頭のみ。
生まれてきた他のネズミは巣の防衛をする兵隊ネズミ、他の仲間の世話や食料の調達をする働きネズミに分かれます。これはオスもメスも一緒です。こうした働きネズミや兵隊ネズミのオスやメス達が繁殖しないのは女王の尿によって制御されている説が強いそうですが、まだ真実は定かではありません。女王が寿命などで死んだ場合は他のメスがその地位を引き継ぐそうです。

日本の動物園でもハダカデバネズミに会えるよ

ueno_11

▼埼玉県 こども動物自然公園
住所:埼玉県東松山市岩殿554
連絡先:0493-35-1234
入園料:高校生以上510円、小・中学生210円、6歳未満無料

▼東京都 上野動物園
住所:東京都台東区上野公園9−83
連絡先:03-3828-5171
入園料:一般600円、中学生200円、65歳以上300円、
    小学生以下&都内在学中の中学生は無料

▼静岡県 体験型動物園iZoo
住所:静岡県賀茂郡河津町浜406-2 
連絡先:0558-34-0003
入園料:中学生以上1,500円、小学生800円、6歳未満無料

▼長崎県 長崎バイオパーク
住所: 長崎県西海市西彼町中山郷2291-1
連絡先:0959-27-1090
入園料:大人1700円、中高生1100円、3歳~小学生800円


ちょっと昔まではハダカデバネズミは上野動物園など限られた場所でしか見ることができませんでしたが、上記で紹介したように様々な動物園で会えるようになってきました。是非お近くの動物園でキモいような可愛いようなハダカデバネズミに会いにいきましょう!


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧