もしかしたら世界一細長いビックリハウスが面白い!


今回はポーランドの建築家Jakub Szczesny氏らによって作られた、ビックリハウスを紹介したいと思います。恐らく世界で一番狭く、細長い家。となっており、部屋と部屋の移動は階段やはしごを使った縦移動しか出来ません。でも、さすが欧米人が建設した建物。建物自体はオシャレでちょっと住んでみたいです。間取り的には多分1kになるのかな?詳しくは以下の写真でご確認下さい。

▼建物はこんなビルとビルの隙間にあります。
dezeen_Keret-House-by-Jakub-Szczesny_ss_1
多分「引越ししたよー遊びにきてー」と友人を誘っても家が見つからない可能性大。完全にビルとビルの間に埋もれてしまっています。

▼階段を上って家に入るようです。
dezeen_Keret-House-by-Jakub-Szczesny_2
いきなり階段かよ!って感じですが、ポジティブに考えれば隠れ家、秘密基地風で面白いです。

▼階段を抜けると上下に分かれた部屋になっています。
dezeen_Keret-House-by-Jakub-Szczesny_4
これがこの家の全風景です。上下に部屋が分かれており、はしごで忍者のように生活しなければなりません。腕の筋肉が鍛えられる事間違い無しです。

▼上の階はこんな感じ
dezeen_Keret-House-by-Jakub-Szczesny_5
上の階はベッドが奥にあり、机とイスが完備されています。日差しもダイレクトに浴びる事が出来ます。

▼下の階はこんな感じ
dezeen_Keret-House-by-Jakub-Szczesny_7
下の階はお風呂場、トイレ、キッチン、ダイニングと生活に必要なスペースが詰め込まれています。ダイニングテーブルは二人まで座ることが可能!!

▼ビックリハウスの断面図
dezeen_Keret-House-by-Jakub-Szczesny_10
狭いスペースでかなりうまい具合やりくりしていることがわかります。しかし、三角形の先っちょにある緑のやつは何だろう?ソファーかな?どうやっていくんだろう?とっても気になってしまいます。

参照元:dezeen.com


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧