ノアの方舟の意味とは?


今回は、ノアの方舟の意味を解説についてです。皆さんは、ノアの方舟のお話を知っていますか?旧約聖書の「創世記」に登場する、大洪水にまつわるノアの方舟の物語です。どういったお話なのか、またどういった意味が込められているものなのかなど「ノアの方舟」についてご紹介します。キリスト教に興味がなくてもノアの方舟は映画やアニメ、漫画、小説など様々な所で使われますので、知っておいて損はないと思います。
まず、「ノア」という人物についてですが、ノアは最初の人、アダムから10代目にあたる「正義の人」と神に認められた方とされています。また、旧約聖書の創世記に登場する主人公です。
そして、「方舟」は物語に出てくる「大洪水」から身を守るために、ノアが造った「舟」のことです。ノアの方舟のお話について、簡単にご説明しますと「大洪水が起こるぞ、私が今から言う舟を造りなさい」と神様がおっしゃったのにも関わらず神様を信じないで楽しく遊び暮らしていた人類に対して怒った神が、大洪水を起こします。
hakobune
しかし、ノアだけが神の言われたままに舟を造りました。それを見た他の者たちは、ノアの行為を見て笑いました。そして、大洪水が起こった時唯一、舟を造っていたノアと一緒に乗っていた家族と動物だけが助かりました。
ノアの行為を見て笑っていた者たちは、大洪水によって死んでしまったのです。
そして、洪水は40日40夜続いたとされていて、40日のあとにノアはカラスを放ったがとまることなく帰ってきて更に同じく放ったが結果は同じだった。しかし、その7日後にもう一度放すと、鴉はオリーブの葉をくわえて戻ってきたとされ、さらに7日後、同じように放すともうカラスは戻ってこなかったのです。
noakarasu
これにより、水が引いたと分かったノアは、家族とその他動物と共に方舟を出たとされています。造った舟によって助かったノアとその家族と動物は、生き延びることが出来たのです。
これには、いろんな解説がされてます。
「苦しい時だけ信じても神は手を差し伸べてくれない、意味がない」という意味にとらえれますし「神を信じ、言うことを守ってくれた者だけが助かる」といった神と人との根幹になる教えなのかもしれません。色々と考察してみるのも楽しいかもしれません。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧