書道の段位や難易度について!


今回のは書道の段位の順番や難易度について紹介します。書道の級や段を取りたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。でも、いまいち段位の順番や難易度などその内容が分からないといった方も多いと思います。そこで今回は、「書道の段位の順番や難易度について」ご紹介します。

書道の段位の順番について

shodou-dani

photo by:no-non

書道の段位の基準などは、書を書く人の技術のレベルを表すものとされていますが所属する団体や流派によって基準や始まる級なども異なってしまう場合があります。一般的には、毛筆・硬筆で下の段から10級と級から始まり、最高峰が八段とされています。
初めから5級から受けることも可能な団体もあります。臨書部など段級位認定を設けているところでは、半紙と条幅それぞれあり、免許状の申請に対しては、半紙・条幅それぞれ同じ段位の取得が条件としているようです。
半紙の場合だと8級から始まり、上のほうでは五段になります。条幅も同じ段級になります。段級位認定には、幼児部や小学部、中学部とあり、高校生の部、一般の部とあります。
その他にも、漢字部とかな部、ペン部といった段級位を設けている場所もあるようです。
全日本書写書道教育連盟の段位制度などは、毛筆検定として
・級位検定では、初段~10級
・一般段位検定では、初段~十段
・師範段位検定では、四段~十段
と実地されています。
師範段位検定の場合、十段が最高峰になるとされています。このように行われている団体や所属場所、流派によって段級位の基準が変わってきます。

書道、段位取得難易度について

shodou-nanido

photo by:yatai_union

下の段から上の段になるにつれて、難易度が増します。検定を実施している団体では、師範段位検定などでもこの範囲内を取得する範囲として設けており師範などになると、バランスや文字のはね、書に書く漢字や文字などの基準も厳しくなります。
また、書写体や旧字体に関する問題や楷行草書体、誤字探しなどの基準で実施している場所もあり難易度も検定など行っている団体によって異なってきます。
検定の取得をお考えの方は、書道教室や検定を実施している団体に問い合わせてみましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧