胃酸過多を治すための食事療法


強いストレスや胃の働きを悪化させる食生活で発症してしまった「胃酸過多」を治すためには、食事療法も効果的です。まず、食事療法をする上で避けなければいけない食べ物もあります。

cofee

それは、コーヒーや紅茶など胃酸の分泌を促すものは、食事療法している最中は飲まないようにしましょう。そして、胃を刺激してしまう「熱すぎるもの」や「辛いもの」「冷たいもの」「繊維の多いもの」「固いもの」「味付けの濃いもの」「酸味が強いもの」「和菓子」は避けましょう。

胃酸が沢山分泌されている上に、粘膜を傷つけ胃痛を起こしている状態で、上記の食べ物や飲み物を摂取してしまうとかえって悪化させてしまい、改善への期間・時間が長くなってしまいます。

食事療法でおすすめなのが、「鶏肉」や「豆腐」「乳製品」「白身魚」などの良質タンパク質を毎日しっかり食べるようにします。もちろん、食べ過ぎは注意です。

また、空腹時にも一気に食べ物を胃に入れるのも良くないです。胃痛が酷いときには、絶食をするのが一般的です。胃が荒れている中で固形物などを入れるのは悪化させてしまう可能性も高いのです。

絶食をした後に、徐々に普通の食事に戻すときには胃に負担をかけないように、柔らかい食べ物やスープ、みそ汁など栄養も取れて胃に負担がかからない食べ物から食べはじめましょう。

cocoa

また、胃痛に効果のある「ココア」などもおすすめです。胃に潜んでいるピロリ菌を除去してくれる働きもあるとされているためおすすめです。また乳製品の中でも、最も効果のなる食べ物で「LG21菌の入ったヨーグルト」が効果的です。

胃に優しい食べ物を選んで食べましょう。
胃や腸を荒らしてしまう「ピロリ菌」対策でも、ヨーグルトのLG21がとても人気です。日頃から摂取しておくと、胃や腸の環境を整えやすく荒れることも事前に防げるとのことです。食事療法を行っている時は、暴飲暴食も避けて気をつけましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧