逆流性食道炎になったら注意したい口臭


逆流性食道炎とは、一体どのような症状または病気なのでしょうか。また、逆流性食道炎になった際に注意したい口臭についてご紹介します。

逆流性食道炎とは、胃酸や胃の中にある物質(食べ物)など食道に逆流してしまう病気です。食道に逆流してしまうことから、食道の粘膜などで炎症を引き起こす疾患でもあります。

koushu-bikkuri

起こしやすい人の原因として、ストレスによるものや過度のアルコール摂取、また食生活も大きく関わっており、脂肪分の多い食事を好む方にも多く見られます。
逆流性食道炎の疑いがある症状やなった場合の悩みとして挙げられるのが、下記になります。

・胸焼け
・胃の不快感
・軽い吐き気
・横になると悪化して辛い
・体重が激減
・食欲がなくなる
・口の中が酸っぱい感じがして気になる

また、その中でも逆流性食道炎になった場合に注意したいのが口臭です。この悩みを抱えている方は多いと思います。一生懸命歯を磨いてみても、体内から排出される息として出てくる臭いですので内面を改善しない限りずっと付きまとう悩みにもなります。

また、口臭に関しても、全てが逆流性食道炎のせいとは限りません。逆流性食道炎の人すべてが口臭があるわけでもありません。口臭の原因として中には、歯周病や口腔による症状で口臭が発生するケースが多いようです。

sawayakanasinrin

口臭を逆流性食道炎だけの原因とお考えにならずに、別の原因も疑う必要があります。気になる方は、歯科へ診察されることもおすすめします。また、こういった口臭を解消する為によく行ってしまう間違いがガムやフリスク、マウスウォッシュといった口臭に一時的に効く商品を使用しても、長期間また今後この悩みが解消されるといったことには繋がらないのです。

解消する方法としては、まずは病院または歯科へ診察されることをおすすめします。また、逆流性食道炎も一つの病気ですので改善される為にもストレスを溜め込
まず、発散するものを見つけてみるなど、食生活もこの機会に見直してみて改善されてみてはいかがでしょうか。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧