アキレス腱断裂してしまった場合のリハビリ方法


アキレス腱というのは、人間が足を動かし、歩いたり走ったりなどの運動をしていくためにとても大事な体の一部をいいます。スポーツ選手のようにジャンプやターン、ダッシュなど激しい運動を行うとアキレス腱に強い負担が掛かり断裂する事があります。
baseball
アキレス腱が断裂した瞬間は、後ろから蹴られたように感じたり、ボールが当たったように感じ、同時に激しい痛みを伴います。また、アキレス腱の手術を行った後は、筋力の低下、足関節の可動域が狭まる、血行不良によるむくみ、柔軟性の低下などが起こります。
これらは、術後一定期間はギブスでの固定が必要となる為に起きてしまう症状なので、どうしても避けることは出来ないのです。こうした血行不良によるむくみや筋力の低下を復帰させ、可動域を広げていく為に長く厳しいリハビリが必要となってくるのです。リハビリには、歩行訓練で少しずつ負荷を掛け可動域を広げていく方法と、理想的といわれる水中歩行によるトレーニングがあります。
basketball
水中歩行トレーニングには、目標遂行が出来て患部の負荷を軽減すると共に運動量を確保できるというメリットがあるのだそうです。
水圧を受けながら歩く事で、普段陸上で歩くのと同じように一定の運動量と足関節やアキレス腱への負荷が軽減されます。アキレス腱を断裂した時には手術、保存、装具療法とあるのですが、どの方法を選択したとしても一定期間のリハビリは必要です。
ranninng
また、治療とリハビリを行った後も再び断裂してしまう恐れがあるので医師の診断をきちんと受けてサポーターやテーピングをして下さい。
患部となるふくらはぎにテーピングの施術をしていくのは大変ですが、サポーターには履くタイプのものと装着するタイプのものがあります。履くタイプのサポーターは簡単に装着できますが、それと比べて補助ベルト付きの専用サポーターは装着順序を覚えておく必要があります。ですが、再発しやすいということを考えればしっかりと固定できる専用サポーターはとても利便性のある装具なのです。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧