メールでの御中の正しい使い方!


社会人になるとほとんどの方が取引先などとメールで連絡を取ると思います。ビジネスメールでは、知っているようで知らない事が結構あり、今回紹介する御中の正しい使い方もその中の一つだと思います。意外と知られていない御中の正しい使い方を紹介したいと思います。

御中の意味

mail
たまに「△△様御中」と個人名あてに御中を使用している場合がありますが、これは間違いです。御中は会社名、官庁、団体名、部署などへ宛てて手紙やメールを送付する時に使います。
使い方としては、そのあて先の会社、部署、団体の担当者が分からない時などに使います。

メールでの御中と様の間違った使い方。

oncyu2
「△△株式会社様」「△△株式会社様 御中」「(担当者名)様 御中」これらは間違った使い方になってしまいます。個人の担当者名が分かっている場合は「△△株式会社 △△部 △△様」が正解となります。
会社や団体宛てにメールを送る場合は「△△株式会社 △△部 御中」が正解となります。
実はこの御中と様の使い方、会社や団体、人によっては間違った使い方を使用している場合があります。会社や上司の方針には無理に反対しなくても良いと思いますが、正式には上記の使い方になりますので覚えておくと良いと思います。
【間違っている御中のメールでの使い方】
・△△株式会社 様
・△△株式会社 △△部 様
・△△株式会社 △△部 ご担当者様 御中
【正しい御中のメールでの使い方】
・△△株式会社 御中
・△△株式会社 △△部 御中
・△△株式会社 △△部 ご担当者様
また、返信用ハガキや封筒などで△△株式会社 △△部行と自動で印刷されている郵送物は、礼儀として「行」を「御中」に治す必要があります。「行」が無い場合も「御中」と付け足します。
oncyu3
いかがでしたでしょうか、今回はメールなどでの御中の正しい使い方の紹介でした。礼儀やマナーは時代と共に少しずつ変化し分かりづらい部分もありますが、ビジネスなどでは特に礼儀やマナーが重要となり、これらは自分の印象を左右するものになりますので、覚えておくと良いかもしれません。


コメントする

2件のコメント




コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧