ルンバだけじゃない、実は色々ある掃除ロボット一覧!


掃除ロボットと聞いて最初に思い浮かべるのはルンバではないでしょうか?しかし、現在掃除ロボットはルンバだけでなく様々な商品が各メーカーから出ているのをご存知でしょうか?現在発売されている色々な掃除ロボットを紹介して行きたいと思います。

スタンダード掃除ロボット一覧

▼アイロボット ルンバ

お掃除ロボットの代名詞ともなったヒット商品ルンバ。様々なシリーズが販売されており、もちろん高機能な物になるほど高価。最上位のものだと、リモコン機能やタッチパネル、静穏設計などの機能が搭載されている。

▼シャープ ココロボ

掃除ロボットとしての機能に加えコミュニケーション能力も重視した一台。人工知能「ココロエンジン」が搭載されており、標準語と関西弁をしゃべる事が出来ます。また、充電量、使用頻度などで3段階の感情の変化があるそうですよ。


▼東芝 スマーボ

1度の充電で約60畳という広範囲の掃除が可能なロボット、さらにどの掃除機でも悩まされる音の問題もクリア。その静音性能は電話中でもスマーボを使用する事は可能で、電話相手も掃除ロボットが稼動している事に気づかないそうです。

▼ツカモトエイム ロボットクリーナー

基本的な掃除ロボットの機能に加え、市販のクイックルワイパーなども装着する事が出来、掃除機の役割とモップの役割を同時にこなしてくれると高評価の一台です。

▼モニュエル クレモン

掃除ロボット必須の自動掃除機能に加え、まるでゲームコントローラーのようなハンドルリモコンでクレモンを操縦する事が可能です。また、薄いのも特徴で8cm以上の高さがあれば潜り込んで掃除する事が可能です。

▼CCP ラクリート

ジグザグ、スパイラル、ランダム、壁づたいなど様々な掃除モードがあります。更に、他の掃除ロボットに比べ若干ですがお手頃値段なのも特徴。

▼LG ホームボット

本体の上部と下部にカメラが搭載されており、上部のカメラで天井を写し自分の行動領域を把握します。下部カメラでは小さなゴミやホコリを映し出し無駄なく掃除をします。

▼マミロボット ポロ

韓国のマミロボット社が開発した掃除ロボット、韓国ではかなりのシェア率を誇るそうです。その理由としては他の掃除ロボットと比較するとお値段がお手頃、豊富なカラーバリエーション、掃除ロボットとしての機能の充実があげられます。

▼フォアベルク コーボルト

ドイツの家電ポータルサイトや雑誌などで好評価を得て、さらに数々の製品テストで最高得点をたたき出したと高機能掃除ロボット。価格はちょっと高めですが、掃除力がかなり高いと思われます。

▼ASUS E-CLEAN

現在2シリーズ発売されており、特徴は何と言ってもその価格!上位機種でも2万円台、下位機種に至っては1万円を切ってしまうというお手頃さ。試しに買ってみる価値はあるかもしれません。

その他の変り種掃除ロボット?

▼CCP MOCORO

モフモフした外観も可愛く、自動でコロコロとフローリングを転がってくれる掃除ロボット。床に落ちているホコリやペットの毛などを掃除してくれるそうです。

▼タカラトミー オートミー

スマートフォン専用の掃除ロボット、画面についた汚れや手脂などを自動で綺麗にしてくれます。

▼京商 SUGOIモップ!&ゴミバGO!

なんと、ラジコン機能搭載のモップとゴミ箱が登場!掃除がきちんと出来るかは不安だが、楽しいことは間違いなし!


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧