過呼吸の原因とその対処の方法!


ストレス社会と言われる現代では過呼吸に悩まされている人は少なくないと思います。この記事では過呼吸になってしまう原因とその対処、また対処する際の注意点についてご紹介。自分は過呼吸になった事は無い場合でも、周りの方が過呼吸になってしまった時のために知っておくと良いかもしれません。

過呼吸になってしまう原因


過呼吸になる原因としては主にストレスが上げられます。精神的なショックを受けた時、強い精神的なプレッシャーを受けた時、急激な運動の後など心身供に強いストレスを受けた事が原因で過呼吸になってしまいます。この時体内の酸素と二酸化炭素の配分がおかしくなり、酸素が急激に多くなり、二酸化炭素不足が引き起こされます。症状としては、呼吸が速くなり、息苦しさ、目眩、動機、が起こりパニック症状も引き起こされる危険性もあります。

過呼吸になってしまった場合の対処の方法


過呼吸になってしまった場合の対処としては、過呼吸になってしまった人がパニック状態にならないように落ち着く事が大事です。そして、過呼吸により酸素過多になってしまっているのでゆっくり呼吸する事を意識しましょう。ゆっくりと呼吸する事ができれば徐々に回復が期待されます。知人、友人、家族が過呼吸になってしまった場合、落ち着いて本人の体を擦ったりしゆっくり呼吸するよう促すようにしましょう。慌てたりすると本人が余計パニックを引き起こす可能性が出てしまいますので、周りの方は必ず落ち着いて対処するようにしましょう。

過呼吸への対処方法での注意点


テレビドラマや映画などでよく見る紙袋で過呼吸を治すペーパーバック方式という対処方法もありますが、この対処方法を行う時には注意点があります。それは、紙袋で口を絶対に閉じてはいけないという事。酸素過多の状態なので、自分の吐いた二酸化炭素含んだ空気を吸う事で治す方法なのですが、過去に紙袋で口を塞いでしまい死に至ってしまったケースもあるそうです。この方法を行うときは必ず口から紙袋を離して行うようにしましょう。また、この対処方法に自信が無い方は行わないようにしましょう。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧