精神疾患、社交不安障害について。


誰しもが大事な場面であがったり、初めて会う人に緊張したりすると思います。しかし、それが日常生活に支障をきたす場合上がり症や緊張しいではなく、精神疾患である社交不安障害となるようです。

社交不安障害とは


上記したように単なる上がり症や緊張しいではなく、そういった場面で吐き気、震えなどの身体異常が見られる方を社交不安障害といいます。これは日本精神神経学会において社交不安障害という精神疾患と名づけられました。

社交不安障害の主な症状


自分より立場が上の人、人前でのスピーチ、初対面の人など様々な状況で症状が出ます。その際に赤面、嘔吐、震え、動悸、めまいなどに襲われ、さらにそれらを人前で見せたくないがために、徐々に人付き合いも減っていく。症状がひどくなると社会不安障害だけでなくうつ病やパニック障害などにも繋がってしまう。

社交不安障害を治すには


まずは、自己意識の変革が必要です。周りが治そうとしても、もしあなたが治そうとしない場合は社会不安障害を治すのにとても苦労します。まずは、社会不安障害を治したい、治すと意識する事から始めましょう。次に社会不安障害は自分だけではないという事を知りましょう。そもそもこの障害の原因となる上がり症や人見知りは誰しもが持っており、誰しもがなる可能性があります。周りも同じなんだ、同じ中で皆努力をしていると知りましょう。そして、機会があれば上がり症でも人見知りでもどんどん機会に参加しましょう。顔が赤くなっても構いません、挙動不審になっても構いません。上がっている時、挙動不審になっている時に放置するのではなく、どうやって改善するか考えて行動しましょう。これを繰り返す事によって徐々に改善していくと思います。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧