知的財産のスペシャリスト弁理士の年収!


商品やアイデアなどの知的財産を守る弁理士の年収をご紹介。

弁理士の仕事内容


弁理士は特許、商標、意匠など知的財産のスペシャリストです。新たに発明されたアイデアや商品、デザインなどの権利の実用性や有効性を判断し、それぞれの権利を取得し、企業や発明家の手助けをする職業です。新しい商品を開発する大企業や研究をする研究所などでは欠かせない存在です。

弁理士の年収

弁理士の平均年収は700万円前後と言われています。
どういった働き方によってで年収が大きく変わるそうです。弁理士の働き方には一般企業に雇われる、特許事務所や弁理士事務所で働く、弁理士事務所を開業する。の三パターン。努力次第ではあると思いますが、もちろん開業し弁理士事務所を開くのが一番年収が高く、その次に弁理士事務所や特許事務所で働くこと、最後に一般企業で働いた場合になります。

弁理士になるためには?


基本的に弁理士試験に合格し、経済産業大臣から指定をされた実務修習を修了すると、弁理士登録する事が出来ます。弁理士試験は年に1回。受験資格は特にありませんので、どなたでも受ける事が可能です。また、弁護士もしくは特許庁などで長期間審査事務の仕事に従事していた方も弁理士になる事が出来ます。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧