高給取りのイメージNo.1気になる弁護士の年収は?


年収が高いと思う、職業は何だと思いますか?
一番最初に思いつくのはやはり医者や弁護士だと思います。そんな、気になる弁護士の種類別年収を調べられる範囲で調べてみましたので、ご紹介します。

居候弁護士 通称イソ弁の年収

・400万円~1000万円
弁護士資格を取ってまもなかったり、独立せず、独立出来ず、弁護士事務所で雇ってもらっている弁護士を居候弁護士と言います。イソ弁は、独立したり、企業に勤めたりする弁護士とは違い、仕事があっても無くても固定給で弁護士事務所のボス、通称ボス弁から給料を貰うので若干年収が低めになっています。

経営者弁護士 通称ボス弁の年収

・2、3000万円~億
弁護士事務所を構えている弁護士。経費であるイソ弁の給料や、事務の給料、経費などを差し引いた金額が給料となるので、高収入になりやすいです。イソ弁を経てボス弁として独立するルートが一般的かもしれません。

共同経営者弁護士の年収

・1000万円~億
イソ弁から独立せず、長年弁護士事務所で働いていると、その働き具合によっては共同経営者として迎えられる場合があります。イソ弁と違って固定給ではなく自身で仕事を取り、何%か事務所に入れるという方式で、場合によってはその事務所のボス弁より高給取りになり可能性もあります。

企業弁護士の年収

・1000万円~2000万円
大企業などで、法務全般を請け負います。弁護士事務所に所属しているわけではなく、企業に雇われる弁護士です。基本的に1000万円以上の年収が見込めます。

顧問弁護士の年収

・1000万円~億
元検事や、元裁判官で弁護士になった場合に顧問という肩書きになる場合があります。



いかがでしたでしょうか、高給取りのイメージがある弁護士の年収も実はピンキリ。イソ弁の場合は企業に勤めている場合と変わらない年収だったりします。とは、言ってもやはり法に仕える職業なので、全体的にかなり高い年収ですね。


コメントする

2件のコメント


  • 匿名

    イソ弁は勝ち組
    いまとき、就職できず即独やノキ弁も多数
    100万いかないのも多い

  • 匿名

    これ何年前の情報?
    ここ数年で弁護士の年収は激減して
    廃業続出してるんだけど



コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧