GoogleドライブDocs(旧ドキュメント)の使い方!


先日気がついたら使っていた10のGoogleツールでも紹介しました、GoogleドライブDocs(旧ドキュメント)の使い方をご紹介。

GoogleドライブDocs(旧ドキュメント)、さまざまなデータを作成、編集、共有する事が出来るサービスで、仕事やサークル活動、グループ管理などを行う時にとても便利なサービスです。クラウドなので、パソコンのみならず、スマホでも編集する事も可能

GoogleドライブDocs(旧ドキュメント)はどんな事が出来るの?

まず、Officeの定番エクセルや、パワーポイント、ワードとほぼ同機能の文書が作成可能。また、様々な資料をアップロード共有する事が出来る。(エクセル、パワポなど※Officeファイルは共有は出来るが編集は不可)自分の作ったデータや書類を一般公開する事も出来るので、WEBやブログにURLを貼って情報を公開するという使い方もあります。

GoogleドライブDocs(旧ドキュメント)の基本的な使い方

①GoogleアカウントでGoogleドライブにログイン


②ログイン画面


③「作成」ボタンから作成するファイルを選ぶ事が出来ます。
文書=ワード、プレゼンテーション=パワーポイント、スプレットシート=エクセルと同等の機能をもっています。その他にもフォーム=アンケート、スクリプト、図形描写、フォルダなどを作る事が出来ます。


④「作成」ボタン右隣のボタンからローカルからファイルをアップロードが可能


⑤GoogleドライブDocs ファイル共有の使い方
ファイルに共有方法は2つ。画像1のようにファイルを開いた状態で「共有ボタン」を押すか、画像2のようにホームから共有したいファイルを右クリックする事で出来ます。画像3の画面で共有したい相手のアドレスを入力し設定して下さい。

※画像1


※画像2


※画像3


⑥ファイルを開いてグループで会話をする
GoogleドライブDocsでは、共有した相手とファイル内で会話をする事が出来ます。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧