寝ても寝ても眠いあなたへ、快眠するための7つの心得

  • 投稿:2012年12月09日

  • カテゴリ:健康

  • タグ:


寝ても寝ても眠い、体がだるい、スッキリと目覚める事が出来ないのはしっかりと快眠出来ていないという事です。今回のこの記事では快眠を促進する10個の心得を紹介したいと思います。これであなたも寝ても寝ても眠いなんて事はなく、明日の朝からスッキリ目覚める可能性が高まるはずです!

1.規則正しい生活を心がける


大前提その1です。不規則な生活を送っていてはどんなに他の心得をクリアしていても、全てが台無しになってしまいます。また、寝る時間以外の時の昼寝やうたた寝はなるべく控えて下さい。夜寝ようとしても全く寝れないなんて事になってしまいます。

2.ダイエットを行う


大前提その2です。太ってしまうとそれだけで、快眠の妨げになります。太ってしまうと無呼吸症候群や、逆流性食道炎など、直接快眠の妨げになる病気にかかってしまうと、寝ていても疲れてしまいます。ダイエットは寝る前は行わず日中に行うようにしましょう。疲れが出れば体が回復しようと深い眠りに入れるのでなおよし。

3.アルコールやタバコは控える

大前提その3です。アルコールやタバコは眠りを浅くする原因になりえます。眠りが浅ければ浅いほど疲れはとれませんので、タバコの本数を控える、もしくは禁煙するなどの対策を行い、アルコールも寝酒などはもっての他。途中で起きてしまう可能性が大なので、なるべく控えて下さい。

4.寝る前に軽いストレッチを行う

寝る前は激しい運動をしてしまうと寝れなくなってしまいますので、お風呂あがりに軽いストレッチなどで体をほぐします。これを行う事により次の日スッキリと目覚める事が出来ると思います。

5.夕食は軽めに、寝る3時間前までに

体にも休息を与えてあげましょう。脳が寝ると認識すれば人は寝た事になります。しかし、寝る前に食事をとってしまったら胃や内臓はまだ働かなくてはならないと勘違いしてしまいます。なるべく早めの夕食をし体内臓にも休息を与えましょう。

6.寝る前はパソコンやスマホ、携帯をあまりさわらない


寝る前にパソコンやスマホなどの電子機器はなるべく遠ざけましょう。確実に快眠の敵となります。スマホや携帯は寝室には置かないなどの対策が有効です。

7.心を整える

最後に、大事な部分が心を整えること。悩み毎があったり、心配事があると、その事ばかりを考えて眠れなくなってしまうのが人の性です。一つ一つをなるべく早く解決する事が望まれます。悩みや心配事が長引けば長引くほどその期間はあまり眠れない可能性が高くなってしまいます。


コメントする

1件のコメント


  • くにちゃん

    机にほっぺくっ付けて寝る女の子や、うつ伏せで寝る女の子で腰が露出している女の子、気がくるったように好きです。



コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧