もしもホームレスになったら、生活保護や稼ぎ方!


ふと、気になってしまったのでホームレスについて調べて見る事にした。
ホームレスになったら、どういった暮らしになるのか、生活保護は受けれるのか、どうやって食べて行ったらいいのか、人生何が起こるかは全く分かりません。「やばい、このままいくとホームレスだ。」という危機に陥る可能性は誰にだってあるのです。もし、そうなってしまった時の為にホームレスの暮らし方をまとめてみました。

ホームレスと生活保護


生活保護を受けるには以下、4つの条件にあてはまらなければなりません。
①働けない人
②資産がある人
③助けてくれる親族などがいない
④収入が最低基準以下
もう、お分かりだと思いますがホームレスは資産もない、助けてくれる親族もいない(自分から離れていったりと)、収入も最低基準以下なので生活保護を受けれそうですが、残念ながら①の働けない人に該当しません。裕福なお笑い芸人の家族が生活保護を受けていようが、貧乏な世捨て人ホームレスは残念ながら生活保護を受ける事が出来ないのです。※病院に入院した場合は、その間だけ生活保護を受けれる場合もあるそうです。

ホームレスになってしまった時の日々のお金の稼ぎ方



※写真は中国で話題になったイケメンホームレス
上記した通り、残念ながら生活保護を受ける事は出来ないので、先輩ホームレス達を見習って逞しくお金を稼がなければなりません。ネットで収集した情報ではありますが、参考程度にはなると思います。
▼雑誌、週刊誌を売る。
駅などに捨ててある当日発売のジャンプや週刊誌を拾い、定価以下で売り捌く。
▼駅などで拾えるものは拾いまくる。
テレカは使用済みでも1枚15円で、定期は払い戻しが出来る可能性があります。
▼町でも拾えるものは拾いまくる。
アルミ缶、段ボールという資源ごみ、自動販売機の小銭。とにかくお金になりそうなものは全部拾う。
▼年金はしっかりもらおう
年金がもらえる年齢に達していて、掛け金を払ってきたホームレスはもちろん年金が貰えます。
▼無料で貰える食事について
ボランティア団体やNPO法人、宗教団体が炊き出しを行ってくれる場合があります。先輩ホームレスから情報をゲットしましょう。

毎日が大変、ホームレスになった時に気をつける事


▼遊び半分の若者に注意
中学生~大学生の若者が遊び半分で、物を投げてきたり、物を盗んだり、ひどい時は暴行なども行われる場合があるそうです。あぶなそうな若者にはなるべく関わらないようにしましょう。
▼寒さには要注意。
寒さは時に死や病気と直結するので、季節に入る前に事前準備を行ってはいけません。ダンボールや毛布など暖をとれるものは全て拾って保管しておきましょう。
▼惨めに耐える
ホームレスは心も強くなくてはなれません。公園で入浴したり、ゴミを漁ったり人の目につく場合が多いので、その時の惨めさに耐えうる心を持っていなければなりません。

いかがでしたでしょうか、ホームレスは貧乏なのに、生活保護を受ける事が出来ず。さらに心も体も強くなければいけません。実際にこの記事を書いていて普通の生活をするより過酷なのではないかと、思いますね。実際に相当過酷な生活環境である事には間違いありません。


コメントする

2件のコメント


  • 呆れる

    何でこう間違った情報を適当な知識で恥ずかしげもなく安易に発信出来るんだろう。。。

    • 安易に発信して欲しくありませんよね・・・。



コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧