二日酔い対策!予防、吐き気解消、頭痛解消、治し方

  • 投稿:2012年12月04日

  • カテゴリ:健康

  • タグ:


忘年会やクリスマス、年越し、新年会などイベントが盛りだくさんの12月~1月は、楽しすぎてついつい飲みすぎてしまう事があると思います。そして次の日二日酔いになって飲みすぎた事を後悔する可能性が大いにありえます。分かっちゃいるけど飲んでしまう!そんなあなたの為に、二日酔いの予防知識、二日酔いになった後の吐き気解消方法、頭痛解消方法、治し方を紹介したいと思います。



▼二日酔い予防対策
飲む前にある程度対策を行っておくと二日酔い予防につながります。

・飲酒前にトマトを食べておく 期待度:高
トマトは血中アルコール濃度を低下させる働きがあるので、飲酒前、飲酒中に食べると良いとされています。

・ウコンを摂取しておく 期待度:高
液体飲料のウコンが有名ですが、粉末ウコンを摂取する事でより肝機能を高める事が出来ます。

・乳製品を飲酒前に飲食しておく 期待度:低
チーズなどの乳製品は胃に膜を作ってくれるのでアルコール吸収を緩和する働きがあります。




▼飲酒中に気をつける事
ここが大事!飲酒をしている間無茶な飲み方をすれば全てがパーになりますので気をつけて!

・お水をたくさん飲む
アルコールを摂取し口が渇き始めたら危険!内蔵に水分が不足しているので、体の作用で脳から水分を取得しようとします。これが飲酒中や二日酔いの原因となります。アルコールだけでなくお水もたくさん飲みましょう。

・炭酸系アルコールに要注意
今流行りのハイボールなどは結構二日酔いの原因です、炭酸が加わる事によりアルコール吸収率が上がってしまいます。炭酸系はほどほどに!

・炭水化物を一緒にとりましょう。
締めでラーメンを食べる方もいると思いますが、これが実は理にかなっているんです。炭水化物を取得するとアルコールで下がった血糖値を上げる事が出来ます。

▼二日酔いになってしまった
それでも二日酔いになってしまった場合の対策方法です。

・薬で治す
二日酔い時の頭痛の原因となるアセトアルデビドはアルコールを肝臓が分解しようとする時に出る成分。なので、「アルケシクール」などのアルコール分解処理を活性化させる薬が効果ありと言えます。

・とにかく水分を取る
二日酔いで頭痛や吐き気が起きてしまうのは、体内にアルコールが残っている証拠。水分をたくさんとり、体内で分解したアルコールを尿や汗で出してしまうのが良いでしょう。サウナとまではいかなくても、自宅でぬるま湯に長湯するだけでかなりの効果があると思います。

年末の楽しいイベントや飲み会、翌日に後悔しない飲み方をしましょう!


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧