アルベルト・アインシュタインの情熱的で素敵な名言集!

  • 投稿:2012年11月23日

  • カテゴリ:名言

  • タグ:


天才の中に努力あり。アルベルト・アインシュタインの情熱的で素敵な名言集!

▼アルベルト・アインシュタイン

アルベルト・アインシュタインは1879年3月14日にドイツで生まれたユダヤ人、物理学者です。物理学の分野で数々の功績を残しておりノーベル物理学賞を1921年に受賞している。アインシュタインは生まれてからすぐは発育が遅く、5歳の頃まで言葉があまりしゃべれなかったそうです。現代ではアインシュタインは読字障害であったのではないかといわれています。しかし数学では才能を開花し、9歳の時にはピタゴラスの定理を自力で解き12歳の頃には微分学や積分学を独学で学んでいたといいます。大学へいくまでは色々な学校に通ってはいましたが校風が馴染めず入退学を繰り返していました。大学はチューリッヒ連邦工科大学へ入学。興味のある分野は食い入るように授業を聞き良い成績を残したが、興味がない分野では最低レベルであった。更によく反抗しよくサボってしまう学生だったそうです。そんな生活態度もあって卒業後は大学助手にはなれず、アルバイト等で生計を立てていました。その後転機が訪れスイス特許庁に就職し、ここで物理学の問題に取り組む時間を得る事が出来、特殊相対性理論や光量子仮説、ブラウン運動の理論などを発表していく事となります。

▼アルベルト・アインシュタインの名言

情報は知識にならない。経験が知識になる。
過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望を持つ。
常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。
誰かの為に生きてこそ、人生には価値がある。
人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる。
想像力は知識より重要だ。知識には限界がある。想像力は世界を包み込む。
創造力の秘密は、その源を誰にも見せないことである。
人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走らなければならない。
普通と言われる人生を送る人間なんて、一人としていやしない。いたらお目にかかりたいものだ。
第3次世界大戦ではどんな武器を使って戦われるか分からないが、第4次世界大戦では、多分棒と石を持って人々は戦うだろう。
私の学習を妨げた唯一のものは、私が受けた教育である。
世の中で最も理解に苦しむものは、所得税である。
科学はすばらしいものだ。もし生活の糧をそこから得る必要がないのなら。
知識人は問題を解決し、天才は問題を未然に防ぐ。
人生における成功をA、仕事をX、遊びをY、そして口を閉じることをZとすると、A=X+Y+Zが成立する。
戦争のない世界の先駆者たちは、軍役を拒否する若者たちである。

重要なことは、疑問を止めないことである。探究心は、それ自身に存在の意味を持っている。
ゲームのルールを知ることが大事だ。そしてルールを学んだあとは、誰よりも上手にプレイするだけだ。
現実は幻想に過ぎない。非常にしつこいものではあるが。
私たちの生き方には二通りしかない。奇跡など全く起こらないかのように生きるか、すべてが奇跡であるかのように生きるかである。
人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる。
創造のコツは、それがどこから得たものかわからないようにすることだ。
想像力は、知識よりも大切だ。知識には限界がある。想像力は、世界を包み込む。
学校で学んだことを一切忘れてしまった時に、なお残っているもの、それこそ教育だ。
間違いを犯した事の無い人というのは、何も新しいことをしていない人のことだ。
私には特別の才能はない。ただ私は、情熱的に好奇心が旺盛なだけだ。
私は頭が良いわけではない。ただ人よりも長い時間、問題と向き合うようにしているだけである。
美人にキスしながら安全運転ができる人間は、キスに十分集中していない。
狂気。それは、同じ事を繰り返し行い、違う結果を予期すること。
私は未来のことを考えない。あっという間にやってくるからだ。

▼アルベルト・アインシュタイン名言関連動画


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧