歴史上謎だらけの、ウィリアム・シェイクスピアの名言集

  • 投稿:2012年11月18日

  • カテゴリ:名言

  • タグ:


謎の多い、ウィリアムシェイクスピアの名言集をご紹介。

▼ウィリアム・シェイクスピア

シェイクスピアはイングランドで生まれ、父のジョン・シェイクスピアは皮手袋商人として成功し母は地主貴族ジェントルメンの家系にあり、裕福な家庭で育ちましたが、市長職を行っていた父がやみ市場に関わった罪で起訴されこれを失い、徐々に家力が失われていく。18歳になったシェイクスピアは26歳の女性アン・ハンサウェイと結婚し、その後双子が生まれる。その後空白の7年と呼ばれる時が流れロンドンへ進出。シェイクスピアは演劇の世界で俳優や脚本を行っていました。更に歴史に登場した頃にはすでに演劇界では知らぬ者はいない存在となっており、宮内大臣一座の共同所有者となっており、その後この一座は国王一座となる。その後大財を築いたシェイクスピアは父の念願であったジェントルメンの地位も得る事が出来、晩年は故郷で引退生活を送りました。

▼ウィリアム・シェイクスピアの名言

世の中には幸も不幸もない。ただ、考え方ひとつだ。
安心、それが人間の最も身近にいる敵である。
成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはいけない。
過去の弁解をすると、その過失を目立たせる。
悪事によって得たものは、悪事の報復を受ける。
金は借りてもならず、貸してもならない。 貸せば金を失うし、友も失う。 借りれば倹約が馬鹿らしくなる
いまが最悪の状態と言える間は、まだ最悪の状態ではない。
人々は悲しみを分かち合ってくれる友達さえいれば、 悲しみを和らげられる。
偉人には三種類ある。生まれたときから偉大な人、努力して偉人になった人、偉大な人間になることを強いられた人。
神は、我々を人間にするために、何らかの欠点を与える。
誰の言葉にも耳をかたむけろ。誰のためにも口を開くな。
険しい山に登るには、最初からゆっくりと歩くことが必要だ。
人間一度しか死ぬことはできない。
外観というものは、一番ひどい偽りであるかもしれない。世間というものはいつも虚飾にあざむかれる。
ほどほどに愛しなさい長続きする恋はそういう恋だよ
逆境が人に与えるものこそ美しい。それはガマガエルに似て醜く、毒を含んでいるが、その頭の中には宝石をはらんでいる。
求めて得られる愛は素晴らしい。でも求めることなく与えられる愛はもっといい。
貧乏でも満足している人間は金持ち、それも非常に金持ちです。しかし、大金を持っている人でも、いつ貧乏になるかと恐れている人間は、冬枯れのようなものです。
恋は目で見ず、心で見るのだわ。
愚者は己が賢いと考えるが、賢者は己が愚かなことを知っている
時というものは、それぞれの人間によって、それぞれの速さで走るものだ。
己の子どもを知るのは賢い父親だ。
死ぬほどの哀しみも、別の哀しみで直る。
臆病者は本当に死ぬまでに幾度も死ぬが、 勇者は一度しか死を経験しない。
楽しんでやる苦労は、苦痛を癒すものだ。
不幸を治す薬は、ただもう希望よりほかにない。
誠の恋が平穏無事に進んだためしはない。
空の容器が一番大きな音を立てる。
雄弁が役に立たないときにも、純粋な、無邪気な沈黙が、かえって相手を説得することがある。
男というものはいつでもそうだが、我が家から離れている時が一番陽気なものだ。
くだらん男も恋をすれば、少なくとも今より立派になる。
過去と未来は最高のものに見える。現在の事柄は最高に悪く見える。
終わり良ければすべて良し。
われわれの人生は織り糸で織られているが、良い糸も、悪い糸も混じっている。
快い眠りこそ、自然が人間に与えてくれる優しく懐かしい看護婦だ。
君、時というものは、 それぞれの人間によって、 それぞれの速さで走るものなのだよ。
狂った世の中で狂うなら気は確かだ。
人を邪な道に引き込むため、悪魔が真実を言うことがある。わずかな真実で引き込んでおいて、深刻な結果で裏切るために。
恋は、ある点では獣を人間にし他の点では人間を獣にする。
友情は不変といってよいが色と恋が絡めば話は別になる。
財布が許すかぎり着るものには金をかけろ。
他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば、心の傷は癒されなくても、気は楽になる。
天は自ら行動しない者に救いの手を差し伸べない。
人とは親しめ、しかし安売りはするな。
全世界は一つの舞台であり、すべての男と女はその役者にすぎない。彼らは退場があり入場があり、ひとりの人間が一度の登場で多くの役を演じる。
目の前に現れる恐ろしさなど、想像が描き出す恐怖に比べたら、とるに足らぬものだ。
私たちの疑いは反逆者であり、やろうとしないから失敗してしまうという安易な道に私たちを誘いこむのである。
女は娘でいるうちは五月の花時のようだが、亭主持ちになるとたちまち空模様が変わる。
愛は雨後の日光のように慰めるが肉欲の作用は晴天の後の嵐だ。愛の優しい春はいつもそのみずみずしさを保っているが、肉欲の冬は夏がまだ半ばも過ぎないうちにやってくる。愛は度を超してうんざりすることはしないが 肉欲は飽食して死ぬ。愛は真実一路だが、肉欲はこしらえものの虚偽にみちている。


▼ウィリアム・シェイクスピア名言関連動画


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧