chromeやIE9で使えるマウスジェスチャー!


Internet Explorer、Safari、Firefox、chrome、Operaなど現在様々なブラウザを選択し使用する事が可能です。インターネットを見るために必要なブラウザ、使用者それぞれで好きなブラウザがあると思います。今回は様々なブラウザを更に便利に活用する事が出来るマウスジェスチャーを紹介したいと思います。
マウスジェスチャーとは、例としては前のページに戻りたい時、ブラウザの戻るボタンを押すという動作を右クリックのみで出来ちゃうという優れもの。他にも色々と簡易化された動作があり、導入するとより快適にインターネットを見ることが出来ます。機能面で有名なOperaなどはこのマウスジェスチャー、現在のバージョンだと最初から機能としてついていますが、その他のブラウザは機能追加しなければ使用する事が出来ません。それぞれのブラウザで追加する方法を紹介したいと思います。
▼chromeでマウスジェスチャーを使用する方法
chrome用のマウスジェスチャーは拡張機能(エクステンション)として複数出ており、昔はSmooth Gesturesというマウスジェスチャーが有名でしたが、スパイウェア疑惑や広告置き換え疑惑があり、現在は使用出来ません。また、使用しない方がいいでしょう。chromeに関しては全てのマウスジェスチャーを試しましたので用途に分けて二つ紹介したいと思います。
【反応重視 nkGestures

反応がとてもいいマウスジェスチャーです。せっかく便利なマウスジェスチャーを使うなら反応が悪いマウスジェスチャーだとイライラしてしまうので、このマウスジェスチャーが今の所chromeでは一番おすすめです。また、オプション設定でカスタマイズすれば機能としても充実させる事が可能です。
・動作(デフォルト)
↑↓新タブ ↓→タブ閉じる ←戻る →進む ↓更新停止 ↑←左のタブ ↑→右のタブ 
↑→↓←↓設定 など
【機能重視 Gestures for Chrome(TM)

とても多機能なマウスジェスチャーです。右クリック以外にも左クリックでの操作もあり、より作業が効率化されるのですが、若干反応が鈍いです。それぞれの設定でもしかしたら反応速度が違うかもしれませんので試してみてはいかがでしょうか。
・動作① 右クリックアクション
←戻る →進む ↓スクロール ↑スクロール ↓→タブを閉じる ↓→↑新ウィンドウ 
↓→↑←設定 ←↑最後に閉じたタブ復元 →↓最下部へスクロール →↑最上部へスクロール 
↑↓更新 ↑↓↑キャッシュ破棄後更新 ↑←左のタブを選択 ↑→右のタブを選択 など
↑→↓ウィンドウを閉じる
・動作② 左クリックドラッグアクション
←リンクをバックグラウンドタブで開く ←↓→テキストをコピー →リンクを新タブで開く →↓←URLをコピー など
▼IEブラウザでマウスジェスチャーを使用する方法
Mouse Gestures for Internet Explorerで自身のPCに合ったファイルをダウンロードして下さい。

ダウンロード後はIEブラウザ「設定」→「アドオンの管理」→「Mouse Gestures」→「有効」で設定完了。IEブラウザ再起動するとマウスジェスチャーが使用可能となります。
・動作 Mouse Gestures for Internet Explorer – Using
→進む ←戻る ↓→タブ、ウィンドウを消す ↓新しいウィンドウを開く など
※バージョン履歴情報では、IE6,IE7,IE8,IE9について記載がありましたが、IE9でのみ試しました。
▼Firefox FireGestures

Firefoxへインストール後、「ツール」→「アドオン」→「FireGestures」を有効化、ブラウザ再起動で使用可能になります。
・動作
←戻る →進む ↑↓更新 ↑↓↑キャッシュ破棄後更新 ↓↑上の階層 ↓→↑新しいウィンドウ ↑→↓ウィンドウを閉じる →↑↓ウィンドウ最小化 →↓↑ウィンドウ最大化 ←→新タブ ↓→タブ閉じる →←閉じたタブ復元 ↑←左のタブ ↑→右のタブ など
▼Operaブラウザ
http://jp.opera.com/
最新バージョンのOpearaの場合最初からマウスジェスチャー機能がついています。
▼Mac Safari
MouseGestures
Safari用マウスジェスチャー。残念ながらWindows用Safariでは動作しませんでした。


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧