日本の職業別年収ランキング&気になるあの職業の年収


将来の職業を考える時や転職を考える時に気になるのがその職業の年収です。世の中お金だけじゃない!とは言いつつもお金があるに越したことがないのも事実。様々なサイトで出ている職業別年収ランキングとそのランキングには入っていないが、気になる職業の年収を紹介したいと思います。
▼職業別 年収ランキング(年収ラボ平成22年)
1 弁護士 1,271万円

弁護士は他の職業と違って自営業が多いそうです。
会社員とは違うので自社の経費を使う事が可能なので、年収意外にも色々と有利?
2 医師 1,141万円

勤務医として働いてもかなりの年収になりますが、開業医で成功すると更に年収がアップ。
2,000万円~3,000万円もざらだと言います。
3 パイロット 1,136万円

ちなみに、ANAのパイロット平均年収は2,199万円、JALのパイロット平均年収は1,964万円
スカイマークは619万円と大きな開きがあります。
4 大学教授 1,114万円
5 大学助教授 862万円
6 公認会計士 841万円
6 税理士 841万円
8 警察官 813万円
9 公立高等学校教員 776万円
10 社会保険労務士 760万円
11 大学講師 748万円
12 公立小・中学校教員 742万円
13 消防士 717万円
14 高等学校教員 699万円
15 海上保安官 688万円
16 記者 680万円
17 研究者 646万円
18 不動産鑑定士 623万円
19 獣医師 616万円
20 電車運転士 605万円
※民間全平均 401万円
上記ランキングには乗っていないけど、気になる職業の年収はまだまだあります。
それぞれの職業についての年収を紹介していきたいと思います。
▼総理大臣の年収 約4,000万円
アメリカ大統領は3,600万円、イギリス首相は3,100万円
▼国会議員の年収(歳費) 約2,200万円
アメリカの議員報酬は約1,500万円。イギリスは約1,000万円
ちなみに日本の地方議員の年収(議員報酬)は約1,534万円
▼最高裁長官の年収 約5,000万円
裁判官の平均年収は約1,000万円前後
▼日本銀行総裁の年収 
約5,000万円
▼芸能界 大物司会者年収
タモリ 推定1本のギャラ250万円 いいともだけでも250万円×240日で6億円でその他合わせたらもっと増えます。ビートたけしの場合テレビ番組だけでも、推定1本のギャラ350万円とし週レギュラー8本とした場合13億強。CMや映画などを合わせるとかなり凄い金額になる事が予想されます。


コメントする

1件のコメント


  • maxppp

    電車運転士ってそんなにもらえないよ。
    新幹線運転士でしたら話しは別でしょうがん~。



コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧