野口健イッテQのイモトマッターホルン登頂へ苦言ツイート

  • 投稿:2012年10月02日

  • カテゴリ:生活

  • タグ:


1999年、25歳当時七大陸最高峰、最年少登頂記録を更新した日本を代表するアルピニスト野口健が日本テレビのバラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」の看板コーナー、イッテQ登山部に対し苦言ツイート。

イッテQ登山部の主役であるイモトはこれまでキリマンジャロとモンブランを登頂し、2012年9月30日のスペシャル放送回ではマッターホルンを登頂。翌年2013年にはヒマラヤ、2014年にはエベレストへ登頂する予定と番組内で明らかにされました。しかし今回のマッターホルンへの登頂は、悪天候だった事もあり下山の際にはヘリコプターが使われました。これに対し野口健が自身の公式Twitterで苦言。


当初ネット上では野口健のツイートに対し「頑張ったイモトに対し冷たいのでは?」という意見などが多く見られました。しかし、よくよくツイート内容を見てみると登頂をしたイモトに対する批判の意見ではなく、番組の安全面を危惧している内容となっていました。
▼ネット上の反応
・正論過ぎて涙が・・
・イモトは登山の辛さを知ってるはず。山を舐めてるのは日テレだね。
・下山で遭難するっていうしな…
・本職の方に同意。身の丈にあった番組作りを望む。
・そーか。登ったらOK!!…。じゃないんだネ・・・・
・登山家としては正しいんだけど、相手は芸能人だしな、、。
・TV的には視聴率稼いでなんぼ。
・確かに「急に天候が・・・」とかになった場合危ないもんな(´・ω・`)
・危機意識としては当然だなあ。ヘリが来れ無ければ遭難の危機もあるわけですからね。
・確かに…いつかイモトは日テレに殺されるんじゃないかと心配になる時が多々ある…


コメントする

コメントを残す





猫好きが集まるサイトねこトピ

777NEWSアクセスランキング


新着/ランダム 記事一覧